車のシートコスプレで無人自動運転風にする男、フォード社と大学の研究プロジェクトだった
Image: Ford/Gizmodo US

車のシートコスプレで無人自動運転風にする男、フォード社と大学の研究プロジェクトだった

無人風。

車のカーシートそっくりなコスプレで運転席に座り、ハンドルを握ることで、人間が運転しているにも関わらず、自動運転に見せかける男が出現。シートコスプレのあまりの出来の良さに、パっと見ただけでは完全無人に見えます。イタズラかな?と思ったら、なんと、これはフォード社がバックアップしたバージニア工科大学の研究プロジェクトなんですって。

カーシートコスプレ男がインターネットを賑わせたのは、2017年8月7日のこと。目撃されたのはバージニア州アーリントンの街で、ローカルニュースのレポーターAdam Tussさんがツイート。

Adamさんはインタビューを試みたものの、カーシートコスプレ男に逃げられてしまいました。その後、バージニア工科大学が、コスプレ男は実験中だったとThe Guardianにコメント。さらに、フォードが自動運転車に対して周りがどのように反応するかという、大学との共同プロジェクトを行なっていると発表しました。イタズラじゃなくて、とっても真面目なお話でした。

自動運転車テストといえば、GoogleやUberが行なっているセンサ満載の車が「周辺環境を捉えて、どう自動で運転するか」というものが、真っ先に頭に浮かびます。一方で、今回のコスプレシート実験は、車がどう動くかではなく、「周りがどう理解してくれるのか」というもの。

無人風に見せかけた実験車には、フロントガラスの上にライトが仕掛けられており、これが周りに運転状況を伝えるサイン(ゆっくり点滅は停止、素早く点滅は発進)となっていました。実験の焦点は、このサインを街行く人がわかってくれるかどうか。

170922_car-seat-costume2
Image: Google/Gizmodo US

今のところ実験時間は150時間、同行距離は1,800マイル。フォードエンジニア曰く、VRテストでは、最初はまったく理解されたなかったフロントガラスのライトサインも、数回見ることで実験参加者から理解を得られたということです。今後、このデータをもとに、他社11社とともに、基本となるサインシステムを作っていく考え。

カーシートコスプレの男が、レポーターから必死で逃げたのは、実験のことを聞かれたくなかったから。目撃情報後、「変なイタズラやってる奴がいるらしい」という話が広まったため、バージニア工科大は本来の目的の反応がとれないとして、数日間実験を停止。「お、新手のYouTuberかな?」って思ってしまう現代では、実験もなかなか難しいもんです。

Image: Ford, Google
Source: Wired, TechCrunch

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

powered by