VRでチェルノブイリ原発事故の現場を探検できるように
Image: The Farm 51/YouTube

VRでチェルノブイリ原発事故の現場を探検できるように

身の危険を感じずに探検できます。

かねてより、ポーランドのゲーム・デベロッパーFarm 51チェルノブイリ原発事故の跡地を総スキャンし、VRヘッドセットでの探訪を可能とするプロジェクトを進めていました。

そろそろその努力が実を結び、 「チェルノブイリVRプロジェクト」がPlayStation VRで原発跡地を探訪できるようになるようです。

360度動画でその様子を垣間見てみましょう。

Video: The Farm 51/YouTube

こちらはMashableAsiaよりThe Farm 51の動画です。

本作にゲーム性はなく、「インタラクティヴ・ジャーニー」というコンテンツです。人類の負の記憶として残る大変貴重な資料になることと思われます。

原発のあるプリピャチ周辺は、1986年4月に起こった大事故以降、放射性物質が安全なレベルまで充分に減少するのに約900年かかると概算されている超危険地域です。かつては発電所の従事者やその家族など、おおよそ5万人が暮らしていましたが、事故から数日以内には居住者すべてが強制退去させられたゴーストタウンなのです。

Farm 51は政府機関から許可を得て立入禁止地区でもドローンを飛ばし、ガイガーカウンター片手にいくつものGoProを合体させたカメラで360度撮影を繰り返しました。それからスタジオで「Realit51」というアプリを使ってVR世界にチェルノブイリを再現しているのです。撮影には何十時間も費やしており、たとえば体育館1つに3000枚もの高画質写真を撮影しています。

避難時から時が止まったこの空間。歴史的な資料となることはもちろん、廃墟マニアなどにも興味深い場所ですよね。対応機器はSamsung Gear VR、 HTC ViveとOculus Riftで、リリースは近々とのこと。


Image: The Farm 51/YouTube
Source: YouTube via MashableAsiaFarm 51
Reference: Wikipedia
岡本玄介

あわせて読みたい

powered by