フォードのHoloLensを使ったプロトタイプ制作がとってもSF的

  • author 岡本玄介
フォードのHoloLensを使ったプロトタイプ制作がとってもSF的
Image: Microsoft HoloLens /YouTube

サイドミラーに映る景色も再現できちゃう。

現実世界とAR映像を重ねて見るMR(Mixed Reality)が特徴のHoloLensは、これまで公園で遊べるMR『スーパーマリオブラザーズ』AR『遊戯王』など、ゲームにおける開発が多く目についていました。

ですが、自動車メーカーのフォードもデザインの現場でこの技術を採り入れているのです。まずはengadgetよりこちらの動画をご覧ください。

Video: Microsoft HoloLens /YouTube

HololensによるMRモデリングの結果をリアルタイムに反映できるという最大の特性が、プロトタイプのシミュレーションに活かされています。プロトタイプのデザインは何千通りものバリエーションから知恵を出しあって最良の案を探っていきますが、HoloLensがあれば言葉で説明するより楽チンに。実際に目で確かめながら、チームで意見を共有することができちゃうのです。修正も変更も、実物を直すよりずっと簡単な作業になります。

動画によれば、フォードは常にVR内での効率的な方法を模索し続け、2Dドローイングから3Dデジタル・モデリングまでさまざまな方法を試してきたんだそう。ですが最終段階には粘土を使い、フルサイズの立体モデルを作らなくてはいけませんでした。

HoloLensを使ってコンセプトカーの上にARのレイヤーを被せると、あたかも目の前にホンモノの立体モデルが存在するかのように詳細をチェックできるのです。変更も思いのままで、複数の人が同時に別々の箇所を直したり、微妙/大胆に違うデザインのパターンをいくつ保存することも一瞬。必然的に粘土モデルが完璧になるまでの時間も短縮されることになります。

音声メモを残しておけば、その時の視点でアイディアを共有することもカンタン。若いデザイナーだけでなくエンジニアや権限を持った上司も、皆が視覚的にデザインを理解できるのが強みです。

さらにフォードは、HoloLensでプロトタイプを開発するための専用アプリを開発中とのこと。近い将来、新型マスタングはMRによって生まれることでしょうね。

Image: YouTube
Source: YouTube via engadget

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by