GoProの360°カメラ「Fusion」なら芸人の驚き顔も、視点の先も1台で撮れそう

GoProの360°カメラ「Fusion」なら芸人の驚き顔も、視点の先も1台で撮れそう

『世界の果てまでイッテQ!』で使われる日も近いのでは。

GoProからも登場しましたよ。全天球(360°)カメラの「Fusionです。このジャンルでは後発なだけあって、気になるところが解消したカメラに仕上がっているっぽい。

Video: GoPro

解像度とフレームレートは、5.2K/30fpsもしくは3K/60fps。高解像度ゆえに、全天球映像から好きな視点が通常の画角で切り出せる目玉機能「OverCapture」(上動画)が使えます。

前後のカメラの映像をつなげたスティッチ部分は目立たないし、自撮り棒も消し去っていますね。キーフレームが少ないのか、輪郭部分の圧縮ノイズが目立つシーンもありますけど、中央部はシャープに映っている実力派ですよコイツは。

全天球の映像を撮っているから、ブレが補正しやすいとでもいうのでしょうか。電子手ぶれ補正機能を使ったときの安定度の高さにのめり込みそう。くいこみそう。少なくともFusionに関してはジンバルを使う必要を感じません。グリップとかマウントだけあればいいかなって。

Video: GoPro

このVRコンテンツだってそうですよ。スマホ+スマホ用HMDで見るぶんにはクオリティも十分じゃないですか。 タイムラプスビデオ、タイムラプスフォト、ナイトラプス、バーストモードと撮影モードもたくさんそろっています。

Video: GoPro

GoProアプリでポストプロダクト作業が必要とはいえ、星の王子さま的なリトルプラネット映像から自分にズームアップする自由視点の編集もできます。ドローンとは違った自撮りの楽しさが誕生しましたね、これは。ちなみに、バレットタイム撮影で話題をよんだ「Insta360 ONE」にも同じようなFreeCapture機能があります。

バラエティ番組でバンジージャンプするときの映像って、出演者の顔を捉えるべくヘルメットから伸びたアームにGoProをつけて撮影していました。これからはHEROと同じマウントのFusionに変えれば、出演者の顔だけではなく出演者の視点の先にある映像も同時に撮れちゃう。全天球映像から通常の画角の動画を切り出せるOverCapture機能があるから、1台のFusionが2カメ3カメの役目も果たしてくれるんです。

出川さんヤバいですよ。またペットボトルロケットで飛ばされそうになっちゃうかも。

三脚に装着して撮影したときも、動いている被写体をフォローし続ける映像が作れるわけで。これ、もしかしてデジカメで撮れる世界を一気に広げるモデルになるんじゃないのかな。これはむっちゃほしい。

海外では11月に発売と言われていますが、日本のサイトでは「近日発売」とのこと。日本価格は8万5000円となっています。



関連記事新型「GoPro HERO6」発表&発売! 4K/60fps対応で、ほぼパーフェクトなアクションカメラに大進化



Image: GoPro
Video: YouTube(1, 2, 3
Source: GoPro

(武者良太)

あわせて読みたい

powered by