「iOS 11」で動かなくなる32ビットアプリと、その確認方法
Image: Gizmodo US

「iOS 11」で動かなくなる32ビットアプリと、その確認方法

まさか、あのゲームが…!

日本時間の2017年9月20日早朝に始まった、「iOS 11」の配布。さまざまなクールな機能の紹介はこちらの記事に譲るとして、今回はそのデメリットの紹介。なんとiOS 11では「古い32ビットアプリが動作しなくなってしまう」んですよね〜。

「iPhone 5S」とともに導入された「iOS 7」では、初めて64ビットアプリの動作がサポートされました。当初は64ビットへの対応は必須ではなかったのですが、iOS 9ではとうとうユーザーに32ビットアプリに関する警告が表示されるように。そしてiOS 11では32ビットアプリは削除はされなかったものの、単純にタップしても起動しなくなってしまったのです。

もしあなたのiPhoneやiPadに32ビットアプリがあるかどうかが不安なら、ちゃんと確認方法があります。設定アプリから「一般→情報→App」をタップすると、32ビットアプリがあればその一覧を表示してくれるのです。逆に私の環境のように32ビットアプリが存在していないと、Appの項目はタップできませんでした。

なお、中毒者が続出したために配布が中止された伝説のゲーム「Flappy Bird」も32ビットアプリのために、iOS 11では動作しなくなってしまいました。ユーザーは一応開発者にアプリのアップデートを要請できるのですが、3年以上も開発が放置されたアプリですから、あまり大きな期待は持てなさそうですね。

Image: Gizmodo US

Andrew Liszewski - Gizmodo Field Guide[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by