決まり手はちょい寄り切り。iPhone 8 Plusはボケマクロにちょい強め

    決まり手はちょい寄り切り。iPhone 8 Plusはボケマクロにちょい強め
    Photo: 武者良太

    あくまでポートレートモードでのお話となりますが。

    飯テロ推進派としては、望遠時の最短撮影距離が気になりまくり。混み合う立ち飲み屋でも、大将と隣のお客さんに迷惑とならないように撮影するには、マクロ性能が重要かなって。

    ええ、目の前にiPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusがありますから。調べてみました。

    IMG_7271
    Photo: 武者良太
    iPhone 7 Plus

    まずはiPhone 7 Plusのポートレートモードから。レンズからR2-D2までの距離は45.2cmくらい。これ以上近づけるとボケ効果が働かず。一眼カメラの50mm単焦点レンズくらいの最短撮影距離となります。

    IMG_0079
    Photo: 武者良太
    iPhone 8 Plus

    iPhone 8 Plusはもーちょい近くまで寄ってもボカせます。これで約37.5cm。ホンモノのマクロレンズのように、近接性能に優れたコンデジのよう迫るのは無理。でも、この7cmちょいの距離が効くんですよ、テーブルフォトには!

    APC_0051
    Photo: 武者良太

    「Lightroom mobile」での望遠最短撮影距離は両機種とも約27.5mm。変わらないようですね。解像感、オートホワイトバランス、ダイナミックレンジには大いなる差があります。なお撮影したのはロングな蛍光灯が照らす会議室。iPhone 7 Plusの方は色かぶりが目立ちますなあ。

    IMG_7363-2
    Photo: 武者良太

    広角時の最短撮影距離は約20cmで、これもまた同じくらい。望遠時と同じように、解像感、オートホワイトバランス、ダイナミックレンジの差は著しいものがあります。これがiPhone 7とiPhone 8の差といってもいいのかな。いいのかも。

    Photo: 武者良太
    Source: Apple

    (武者良太)

    gather round 特集ページ

    こちらもおすすめ