ダイヤルがクリエイティビティを刺激するロジクールのキーボード「CRAFT」
Image: ロジクール プレスリリース

ダイヤルがクリエイティビティを刺激するロジクールのキーボード「CRAFT」


ダイヤル操作が気持ちよさそう。

ロジクールは、9月15日からキーボードの新製品「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード CRAFT(クラフト)」を発売します。


170901KX1000s-02
Image: ロジクール プレスリリース


最大の特徴は、キーボード左上にあるこのダイヤル。名称は「CROWN」(クラウン)です。このダイヤルをクルンクルン回して操作することが可能です。

CRAFTの開発には、Adobe社のデザイナーやプロダクトマネージャー、エンジニアが協力しており、Adobe Creative Croud(Adobe CC)の操作に対応しています。


170901KX1000s-03
Image: ロジクール プレスリリース


例えば、Photoshop CCで明るさやコントラスト、彩度調整などの調整や、ブラシサイズの調整などをCROWNから行えます。スライダーにカーソルを合わせて左右に移動させる作業に比べれば、かなり快適であろうことは想像できるでしょう。


Video: Logicool /YouTube


Photoshopのほか、Adobe CCではIllustrator CCPremiere CCInDesign CCに対応しています。こちらは、Windows、Macintoshの両対応です。


Video: Logicool /YouTube


Adobe CC以外のアプリケーションにも対応しています。Windowsのみの対応となりますが、Microsoft WordExcelPowerPointでもCROWNの操作が可能です。Excelでグラフや表を瞬時に作成するなんてこともできるようです。

CROWNを使用するには、「Logicool Options」から使用するアプリのプロファイルをインストールするだけです。


170901KX1000s-05
Image: ロジクール プレスリリース


肝心のキーボードですが、スイッチはパンタグラフ方式。キートップの球状のくぼみはキー入力に精度を高める設計になっています。バックライトは、手を近づけると自動的にキーが点灯。周囲の明るさに合わせて輝度を自動調整してくれます。

また、Windows、Macintosh関係なく3台までの同時接続が可能。キーボード上から切り替えて使用できます。それだけではなく、異なるOS・パソコン間でもシームレスに切り替えが行える「FLOW」にも対応。複数台のパソコンを使っている人には、かなり便利です。

数々のキーボードを使ってきましたが、これはかなりそそられます。CROWNの使い心地はもちろん、キータッチも気になりますね。

僕はLighroom CCを使うことが多いのですが、まだ対応していないのが残念。でも、いつか対応してくれますよね? RAW現像が捗っちゃいそうです。

現在予約受付中で、ロジクールのオンラインショップでは2万3750円(税抜)となっています。

Image: ロジクール プレスリリース
Source: ロジクール, YouTube(1, 2

(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by