ARが数独を一瞬で解いてくれる未来がやってきました
Image: App Store

ARが数独を一瞬で解いてくれる未来がやってきました

待ってた、この未来。

Appleの参入もあり、AR界隈がいま一層盛り上がっています。「おおっ」と目を引くようなアプリもいくつも発表されている中、私が皆さんの注目に値するのではないかと思うのはBrad Dwyerさんという天才が開発した「Magic Sudoku」です。

そうです、数独です。世界各国で人気のこの頭脳ゲーム、新聞や雑誌に見つけてしまうとちょっと試したくなるので私もよくやって…

ません!

いや、わかるんです、できる人にとっては楽しいゲームなんですよね。世界的な人気を考えるとそれは間違いありません。でも私のように「数字が…並んでいるだと…?」と、そのビジュアルで恐怖を感じてしまうような数学苦手人間にとっては(わかってます。数学とか算数じゃないんですよね、何度も言われました)、出版物の片隅に見つけるたびに、責められているような気分になってしまうんです。

ARと数独を組み合わせたこのアプリ、何ができると思いますか。そうです、数独を解いてくれるんです。しかもなぜか空欄が全く埋められていない状態の数独のみ解いてくれるという、一般数独プレイヤーからすると「それは誰得」設定となっています。私なんです。私得なんです。

数独プレイヤーからすると、「どうしてもここが解けない!」という状況を助けて欲しいもの。真っ白な数独を何の迷いもなく全部埋めてくれるアプリは使いみちがないのでしょう。でも私のように、空欄が埋められた数独ブックをドヤ顔で持ち歩きたいだけのコンプレックス・モンスターにとっては、このARアプリは救世主でしかありません。

開発者のBrad DwyerさんがTwitterで動作している様子を紹介しています。

美しいですね。テクノロジーってほんと、美しいです。今後のARに期待がよりいっそう高まるアプリです。

iPhone 6s以降のiPhone(iOS 11)でのみ動くこのアプリ、こちらのリンクから120円でダウンロードすることができます。



Image: App Store
Source: Twitter via The Next Web

(塚本 紺)

    あわせて読みたい

    powered by