新たな魔球が生まれる? ボール回転解析システム「MAQ」プロトタイプ完成

    新たな魔球が生まれる? ボール回転解析システム「MAQ」プロトタイプ完成
    Image: ミズノ


    飛雄馬…。

    あ、いや、巨人の星は関係ないんですけどね。

    ミズノは、野球のボールの回転を解析するための新システム「MAQ(マキュー)」を開発。プロトタイプが完成したということです。

    これまでのボール回転解析システムはかなり大がかりだったのですが、MAQはボールとスマホのみというシンプルさがウリ。専用球のなかに専用センサーを搭載しており、非常に手軽にボールの回転を解析できます。

    このセンサーは、愛知製鋼が開発した高感度磁気センサー「MIセンサ」を採用。ボールの回転に伴う微弱な地磁気変動を高速測定をすることで、回転数のデータを取得します。プロ野球の投手の場合、50回転/秒もの回転をしていると言います。それを解析できるというのだから、なかなかすごいセンサーですね。

    このボールで解析できるのは、ボールの回転数回転軸速度など。今後はプロ野球や大学野球などで実証実験を行ない、2018年春頃の販売に向けてブラッシュアップしていく模様です。

    ボールの回転の解析が簡単にできるようになると、投手の球速アップや微妙に変化するボールの秘密などがわかるかもしれません。

    自分のベストな投球の回転数などを記録しておくことができれば、常に比較でき、自分の状態確認にも役立ちそう。

    また、意図的に回転を変えたりする練習をすることで、新しい変化球が生まれるかもしれませんね。そう、大リーグボールのような……

    これが実用化されて、プロ野球や学生野球などにも普及すると、投手のトレーニングなども変わってくるかもしれません。将来、すごい投手が出てきて「MAQでボールの回転を解析したおかげです」とか言う時代が来るかもしれませんね。



    Image: ミズノ
    Source: ミズノ

    (三浦一紀)


    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ