指紋認証なしの新型iPhoneなんて!...信じたくない。
Image: Gizmodo US

指紋認証なしの新型iPhoneなんて!...信じたくない。

顔認証センサーの登場が、いい意味で期待を裏切ってくれますように...。

2017年9月12日にApple(アップル)の新製品発表会を控えたこのタイミングで、誠に残念な噂がThe Wall Street Journalにより報じられました。WSJによると、「発表される記念モデルの方のiPhoneに指紋認証『Touch ID』が搭載される可能性はないだろう」とのこと。そう、つまり指でロック解除ができないのです。その代わりに、3D顔認証機能が搭載されると期待されており、その精度もかなり高い様子。いや、薄々感づいてはいましたが、やっぱりこれにはいろいろ思うことがありまして...。

そもそも、ほとんどのユーザーが慣れ親しんできたあのホームボタンが廃止されることが明らかになり始めたのは、次期iPhoneのリーク画像が出回り始めた頃でした。続くようにして、Appleがディスプレイ埋め込み型の「超音波指紋認証センサー」に取り組んでいると報じられることに。ただ、この技術はiPhoneのような大量生産向けのデバイスに搭載してコンスタントに一定量供給し続けるにはハードルが高く、現行のiPhoneに搭載されている静電容量指紋認証センサー技術に比べるとまだまだ未完成だったようです。

ちょうど昨年、Qualcomm(クアルコム)がスマホでの超音波指紋認証センサー技術をアナウンスしていましたが、その技術もまだまだ未完成で、ガラス素材の一定の厚みを通してしか機能しないものでした。金属、LEDや有機ELディスプレイの中の素材、そして厚めのガラスすべてがセンサーに対応していなかったのです。Qualcommがようやく有機ELディスプレイにこのセンサーを対応させたのもちょうど今年の夏の始めのことです。まだまだ新しい技術であるということがわかるでしょう。

どれくらいこの技術に時間をかけているのかは明らかにしてませんが、Appleもこの新技術を新型iPhoneに採用することに苦戦しているのは確かなのでしょう。そのため、WSJも「ユーザーはこれから従来のパスワードか、顔認証機能でロック解除をすることになるだろう」と報じました。

とはいっても、顔認証技術もまだまだ実用面での信頼性が担保されていないですし、特にセキュリティ水準も怪しい。そのせいか、「センサーが電源ボタンに搭載されるのでは?(ソニーのXperiaシリーズみたいなやつです)」とか、「背面のAppleロゴの部分に搭載されるかも?」なんて噂も粘り強く残っていましたね。しかし、その後リークしたiPhoneケースの画像では電源ボタンもAppleロゴも覆い隠されているようです。

これらの噂や報道を織りまぜると結局、新型iPhoneはタッチでロック解除する方法をとらない初めてのモデルになるのでしょう。ただ...なぜこのタイミングなのでしょう? iPhone誕生10周年ということはわかりますが、まだTouch IDを廃止するには早い気もします。

特に、もし実はこのディスプレイ搭載型指紋認証センサーの実現がもう間近に迫っていて、今回あえて出し惜しみをしているんだとすれば、なおさらそう思わざるを得ません。そもそもこのタイミングで完全にTouch IDを廃止することって、我々ユーザーにとって本当に正義なんでしょうか? いやはや、そうは思えない私です。

この違和感が間違いであることを願いながら、9月12日の発表会を待ちたいと思います。

Image: Gizmodo US
Source: The Wall Street Journal

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(Doga)

あわせて読みたい

powered by