NTTドコモ、受信時最大788Mbpsの「PREMIUM 4G」の提供を開始。まずは東名阪から

NTTドコモ、受信時最大788Mbpsの「PREMIUM 4G」の提供を開始。まずは東名阪から

データ通信がもっと快適に。

NTTドコモは、9月4日より受信時最大788Mbpsのデータ通信サービス「PREMIUM 4G」の提供を開始しました。まずは、東名阪の一部エリアからの提供となり、順次拡大していく予定となっています。

170907docomoPremium4g-02
Image: © NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved. via NTTドコモ

これまでの最大データ受信速度は150Mbpsでしたが、5倍以上の速度を実現しています。これには新たなデータ帯域「3.5GHz帯」の使用や、基地局と端末のアンテナを最大4本にすることで最大4多重のデータ受信を行なう「4×4 MINO」の導入、一度に伝送するデータ量を従来の1.33倍にする「256QAM」、そして複数のデータ帯域をひとつに束ねてデータ受信を行う「キャリアアグリゲーション」などの技術によるものです。

現時点での対応機種は、「Xperia XZ Premium」、「Galaxy S8+」、「AQUOS R」。今後、モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」も対応する予定です。

9月1日からは、KDDIと沖縄セルラーがデータ受信最大708Mbpsのサービスを東名阪で提供開始しています。ソフトバンクはすでに5Gへ目が向いている模様。

iPhoneの新機種がこれらのデータ通信サービスに対応しているかどうかはまだわかりませんが、今後スマホを購入の際に、データ通信速度やエリアによるキャリア選択も必要となるのかもしれませんね。

Image: © NTT DOCOMO, INC. All Rights Reserved.via NTTドコモ
Source: NTTドコモ, KDDI, ソフトバンク

(三浦一紀)