PlayStation Vitaの後継機は絶望的。SIE社長がコメント
Image: Cineberg / Shutterstock.com

PlayStation Vitaの後継機は絶望的。SIE社長がコメント

寂しいかもしれませんが、これが現実。

家庭用据え置き機だけでなく携帯して外でも遊べる、ハイブリッドなゲーム機「ニンテンドースイッチ」が爆売れしている昨今。

一昔前は、携帯ゲーム機ならソニーのPlayStation Portable(PSP)という時代がありました。プレイステーションがそのまま外で遊べるような感覚でしたし、ヒット作が外で遊べ、アドホック通信や音楽視聴など一台で色んな楽しみ方ができたのがユーザーに受け入れられていました。

2011年には、PlayStation Vita(PSVita)をリリースしたソニーでしたが…。

Bloombergが行なったSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)アンドリュー・ハウス社長へのインタビューでは、携帯ゲームについて「 大きなチャンスのある市場だとは見ていない 」、「今は家庭用据え置き機を作ることに注力している」とし、PSVitaの後継機もしくは何かしらの携帯ゲーム機についてのコメントはなかったとのこと。

同じくBloombergが出した「ソニーの携帯型ゲーム機の販売推移」を見ると、PSVitaの人気が右肩下がりなのが一目瞭然です。

後継機を作らないというのは、VR機能の対応も検討しているニンテンドースイッチ一強の時代ですし、携帯ゲームはスマートフォンがメジャーだという事情も汲んでの決断なのでしょうね。ゲーム内容はスマホよりゲーム機のほうが充実していますが、音楽や映像コンテンツはスマホで完結してしまいます。

さらにソニーは、スマホ向けにゲームアプリを提供するフォワードワークス社を設立していることからも、関心はスマートフォン市場に移っていることが伺えます。

個人的な肌感ですが、ここ数年は電車内で携帯ゲーム機を触っている人はほぼみかけず、皆さんスマートフォンを食い入るように見ています。今後ソニーからPS Vita後継機を出すのは……やはり厳しいのでしょうねぇ。


Image: Cineberg / Shutterstock.com
Source: Bloomberg

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by