閲覧注意? ゲットじゃなくて、解剖だぜ!なリアルすぎるポケモン図鑑
Image: Christopher Stoll

閲覧注意? ゲットじゃなくて、解剖だぜ!なリアルすぎるポケモン図鑑

どんなにかわいいポケモンも一皮剥けば…。

その昔はアニメやゲームで、今はポケモンGOで私たちはポケモンを楽しんでいますが、まさか解剖された姿を見ることになるとは思いませんでした。

Pokémonと解剖学を意味するAnatomy(アナトミー)を掛け合わせた『PokéNatomy- An Unofficial Guide to the Science of Pokémon(ポケナトミー ポケモン科学への非公式なガイド)』は、元祖150種類のポケモンを生物学的に解説した図鑑。300ページ以上にわたって、カラフルな各ポケモンの解剖図、行動や性質が記されています。Encyclopedia of Lifeという生物に関するオンライン百科事典がありますが、この本はそれのポケモン版といったところでしょうか。

同書は、2016年10月にアーティストのChristopher StollさんがKickstarterに発表し、最近になって目標金額に到達して量産態勢に入ったばかり。現在はソフトとハードカバー、革装本そして電子版が発売されています。かわいくてカッコ良いポケモンたちの骨格や筋肉の付き方があらわになって、これぞまさにリアルすぎるポケモン図鑑と言えそう…。

図鑑の中身を少し見てみましょう。

かわいいものにはかわいいまでいてほしい人にとっては衝撃的かもしれませんが、色も形もかわいらしいプリンだって皮を剥いでしまえば、ほらこのとおり。

170822pokemon2.jpg
Image: Christopher Stoll

フシギダネには、進化の過程で開く花のつぼみがしっかりとあるんですねぇ。

170822pokemon3.jpg
Image: Christopher Stoll

ビビリダマの内部構造がなんだかとっても意外でした。

170822pokemon4.jpg
Image: Christopher Stoll

現実に生息しているかのように描かれたポケモンアートと合わせてこの図鑑を読めば、よりリアルにポケモンの世界を楽しめるかも?

Source: Kickstarter, Encyclopedia of Life, Stollart

Image: Christopher Stoll

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文

(たもり)

あわせて読みたい

powered by