宇宙に行くなら覚えておきたい無重力シャンプー・テク

  • author 中川真知子
宇宙に行くなら覚えておきたい無重力シャンプー・テク

宇宙では色々と勝手が違います。パンを食べたらボロボロになったパン屑が飛び散ってトンデモない凶器になるから、パンは持ち込み禁止。現在、宇宙飛行士のモチベーション向上のために宇宙で安全に食べられるパンを開発中というんだから、その違いは想像するのも難しいレベルです。

今は宇宙飛行士さんたちが国際宇宙ステーションでの色々な生活スタイルを動画でアップしているので、検索すれば興味深いものが見られます。その中でロングヘアの宇宙飛行士が無重力空間でシャンプーしている動画が面白かったので紹介しますね。

Video: VideoFromSpace/YouTube

「How to シャンプー in Space」を教えてくれるのは、宇宙飛行士のカレン・ニーベリさん。まず驚いたのが、彼女の髪の毛が長いこと。偏見と言われるかもしれませんが、合理性重視でショートヘアで行くのかと思ってました。

必要なものは、少量のお湯、キャンプや入院生活で便利な洗い流さないシャンプータオルクシ。すべてマジックテープで壁にくっつくようになっています。これは便利。地球でも使えそうなアイディアです。

さて手順はいたってシンプル。

少量のお湯を全体に行き渡らせます。コツは飛んで行ってしまう水をできるだけキャッチすること。

次に、洗い流さないシャンプーを頭皮につけてモミモミした後、毛先までしっかり伸ばします。クシで全体をとかしてからタオルで汚れを吸収。洗い流さないシャンプーだとしても、カレンさんは最後に少しだけお湯で流すのがお好みだそうです。

これだけでもかなりスッキリするとのこと。あの髪の長さでも宇宙だと少量のシャンプーで十分なんですね。地球だったら水もシャンプーももっと使ってるなぁ。

女子のライフハックで、洗い流さないシャンプーの代わりにベビーパウダーを頭皮にふりかけてクシでとかすと余計な油分を吸収してくれてスッキリすると評判ですが、宇宙でやったらこなが飛び散ってパン粉と同じく凶器になるんでしょうね。

さて、ここで使われた水ですが、水分が蒸発すると空調設備が回収して水処理のシステムにまわされるそう。そこで飲み水になるんですって。なにせ資源が限られてますから、一滴の水でも無駄にできません。

とは言われても、筆者は自分の頭を洗った水を飲めって言われたらちょっと躊躇するなぁ…。まあ、そんなこと考え始めたら水道水すら飲めないってことなんですけど。それ以前に逆立ちしたって宇宙飛行士にはなれないんだから、心配する必要はまったくないんですけど。


Source: Youtube

中川真知子

    あわせて読みたい

    powered by