超望遠でも画質と機動力は譲れない。タムロンが100-400mmの超望遠ズームレンズの開発を発表
Image: タムロン

超望遠でも画質と機動力は譲れない。タムロンが100-400mmの超望遠ズームレンズの開発を発表

実勢価格によっちゃあ、俺の財布が火を噴くかも。

タムロンは、35mmフルサイズデジタル一眼レフに対応した超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」を開発したと発表しました。

望遠ズームレンズというと、70-200mmまたは、70-300mmクラスが主流。その上を行く倍率の望遠ズームレンズは、結構高価でなかなか手が出しづらいというのが現状です。

レンズ専業メーカーのタムロンは、カメラメーカー製のレンズに比べると安価なのがウリ。そして、画質に関しても純正レンズに匹敵するレベルとなっているので、愛用者も多いのではないのでしょうか。僕はタムロンの90mmマクロを愛用しておりますよ。

さて、今回のレンズですが、特殊硝材LDレンズ3枚と高い反射防止性能を持つタムロン独自のコーティング「eBANDコーティング」を採用。抜けのよい画質が期待できそうです。

また、このクラスとしては軽量の1115gという重量と手ぶれ補正機能を搭載することで、手持ちでの撮影にも十分対応できる機動性も兼ね備えています。

最短撮影距離は1.5m、最大撮影倍率は1:3.6。タムロンのレンズは寄れるところもいいですよね。

価格がどれくらいになるのか気になるところです。ちなみに、キヤノンの「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」はキヤノンオンラインショップで29万1600円(税込)、ニコンの「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」はニコンダイレクトで31万1040円(税込)、ソニーの「70-400mm F4-5.6 G SSM II」はソニーストアで25万8994円(税込)です。これらは、タムロンのレンズよりもズーム倍率が高かったり、明るかったりするワンランク上のレンズなので、ちょっとお高いですね。

ライバルとなるであろう、シグマの「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」は、シグマオンラインショップで8万9100円(税込)。スペックも似ていますし、だいたいこのくらいの価格になるのではと予想されます(編注:各商品の価格は、2017年9月22日時点のもの)。

発売は年内の予定。うーん、いろいろ買いたいものがあるのですが、これも僕の「欲しいものリスト」に入れておこうっと。

Image: タムロン
Source: タムロン, キヤノン, ニコン,ソニー, シグマ

(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by