デートアプリ「Tinder」を自動でめくる、おバカ発明「Tinda Finger」
Image: Tinda Finger/YouTube

デートアプリ「Tinder」を自動でめくる、おバカ発明「Tinda Finger」

1時間で6,000回転。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦です。

異性の写真を次々にめくり、好みの相手を探すデートアプリの「Tinder」。このアプリは写真を右にめくればYESで、左にめくればNOを示すだけのシンプルなシステムです。お互いがYESだとチャットすることが可能ですが……選り好みしていては結ばれる可能性はあまり高くないでしょう。

そこで爆誕したのが、スマートフォンから給電し、全自動で右にグルグル回る指を持つおバカ・ガジェット「Tinda Finger」 。

ではTinda Fingerのプロモーション映像で、その使い方を学んでみましょう。

Video: Tinda Finger/YouTube

これを使えば、1時間で6,000人にYESを送ることになるので、非常に効率的に運命の人を探すことが可能です。これだけ好意を送りまくれば、きっと割れ鍋にピッタリな綴じ蓋が現れることでしょう。

「Tinda Finger」はピンクとブルーの2色が揃っており、iPhone用とAndroid用の2種類が作られています。異性とのめくるめくロマンスを求めたい方は、Kickstarterにて7ポンド(約800円)から出資してみましょう。

Image: YouTube
Source: YouTube, Kickstarter

岡本玄介