浜松名物夜のお菓子「うなぎパイ」がiPhoneケースになりました
Image: 春華堂

浜松名物夜のお菓子「うなぎパイ」がiPhoneケースになりました

静かなる狂気を感じる…。

夜のお菓子」として親しまれている、静岡県浜松市のお菓子メーカー春華堂が製造・販売している「うなぎパイ」。

なんで夜のお菓子なのか。うなぎエキスが入っているから? いやいや違います。夜の食卓で家族全員で食べてもらいたいというメッセージなのです。

その春華堂から、うなぎパイをモチーフにしたiPhoneケース「うなぎパイiPhoneケース」が発売されました。対応するのはiPhone 7です。

見た目は、普通のiPhoneケース。うなぎパイの包装紙がデザインされており、かわいらしい感じです。そう見た目は。

このうなぎパイiPhoneケース、開けることができます。オープン!

170825unagipai_iphonecase-02_640.jpg
Image: 春華堂

な、なんだ!? ケース背面を開けると、うなぎパイのフィギュアが入っています。フィギュアはかなり精巧な仕上がりの模様。いったい何のためにフィギュアを仕込んだのか…。謎です。

ふたの内側はマネークリップとなっており、お札を挟んでおいたり、ICカードなどを入れておくことが可能です。ストラップホールも完備。ジョークグッズかと思いきや、実用面もしっかり兼ね備えています。さすが老舗メーカー。

こちら、完全数量限定生産となっております。価格は3,000円(税込)。購入をお考えの方は、急いだほうがいいかもしれませんね。

Image: 春華堂

Source: 春華堂

(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by