バラバラのネジやパーツで車を組み立てるVRパズル『Wrench』
Image: Alec Moody/YouTube

バラバラのネジやパーツで車を組み立てるVRパズル『Wrench』

パーツは多いけどツールは不要です。

仮想空間の中では、重くて巨大な鉄の塊も空気のように宙に浮かせることが可能です。その利点を活かせば、どんなものでも組み立て/分解がカンタンにできてしまいます。

そこに目を付けたのが、自動車の特に機械イジりがお好きな方々が喜ぶVRパズル『Wrench』。

これはネジやベアリングなどの細かいパーツをひとつずつ組んで、シャーシにサスペンションアームなどを取り付けるところから始めるゲームなのです。どんなものなのか、『Wrench』の試作品トレイラーをどうぞ。

Image: Alec Moody/YouTube

整備士ならカンタンかもしれませんが、ペーパードライバーには激ムズですね。本作を作ったのは3Dアーティストで自動車好きのアレック・ムーディーさん。メカ系のモデリングが大得意なので、これを作るに至ったのだそうです。

最近は写真で測定するフォトグラメトリー技術の発展で、デジカメから3次元測定が容易になりました。なのでプログラミングができないというムーディーさんでも、パーツを撮影して取り込むだけで、このようなゲームが作れる時代になったのです。

開発中のデモ映像をもう1本どうぞ。

Video: Alec Moody/YouTube

今後は各社のVRゴーグルで最高の解像度が表示できるよう改良を加え、マツダ・ロードスター以外の車種や社外品パーツも増やそうと考えています。

ゲームのタイトルが『レンチ』なのに、ツールが出てこないことを多くツッコまれたムーディーさんですが、今後はラチェットレンチやスパナ、トルクレンチやインパクトレンチなどを充実させるようです。それでこそ『レンチ』ですね。

Image: YouTube

Source: YouTube (1, 2) via Road to VR

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by