ホログラムで買い物客をガイドするAIコンシェルジュが誕生
Image: VNTANA/Vimeo

ホログラムで買い物客をガイドするAIコンシェルジュが誕生

これが日本ならゆるキャラのコンシェルジュになりそう。

ホテルやアトラクションの入り口で、ロボットが案内するのも今やよくある話。最新の案内は、AR技術を使ったホログラムでAIがおしゃべりするんです。

Futurismによると、これはVNTANAとSatisfi Labsが共同開発したAIコンシェルジュで、名前はジュリーのようです。

Video: VNTANA/Vimeo

お腹が空いたといえばおすすめの店を紹介してくれたり、近くのあいている駐車場も案内してくれます。口調は機械的ではなく、本物の人間と話しているかのようなナチュラルさ。

VNTANAはホログラムを提供する企業ですが、Satisfi Labsと手を組んだことでARとAIを合体させた素晴らしい技術が誕生し、利用客と自然でインタラクティブなやりとりができるようになったのです。

映像ではショッピング・モールの案内でしたが、AIコンシェルジュはほかにもスポーツ観戦で客席を案内したり、ホテルでのチェックインやディナーの予約などにも使えるとのこと。さらにはそれらのやり取りからビッグデータを収集し、以降のサービス向上につなげています。

今となっては、多くの人々はSiriとAlexaに馴れ親しんでいることから、両企業はこうしたAIコンシェルジュも広く受け入れられることを望んでいます。ホログラムの顔(もしくはキャラクター)も自由に変えることができるでしょうし、今後はこの技術がさまざまなシーンに応用されるかもしれませんね。

Image: Vimeo
Source: Vimeo via Futurism

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by