SamsungのAIアシスタント「Bixby」が 2.0へ。今後あらゆるスマートデバイスに搭載か?
Image: Nadir Keklik/Shutterstock.com

SamsungのAIアシスタント「Bixby」が 2.0へ。今後あらゆるスマートデバイスに搭載か?

Bixbyは手のひらの上のアシスタントから、身の回りのアシスタントへ。

Samsung(サムスン)独自のAIアシスタント「Bixby」。Galaxy S8シリーズとともに登場し、かれこれ約7カ月が経とうとしているわけですが、このタイミングでようやくBixbyにアップデートの動きがあるみたいですよ!

Samusng公式サイトの発表によると、「Bixby 2.0」はスマホだけでなく、あらゆるコネクテッドデバイスで利用可能なものに進化するようで、サムスンは今回のアップデートを「プラットフォームの大胆な改革」と呼んでいるほどです。サムスンは、今後スマホだけでなく、冷蔵庫、TV、スプリンクラーシステムまで、私たちの身の回りにあるあらゆるものにAIが搭載される世界を視野に入れているようで、今回のアップデートはまさにそんな未来に向けた序章に過ぎないのかもしれませんね。

具体的には、Bixby 2.0では自然言語の認識精度が向上するそうです。これにより、自然なコマンドと複雑な処理が可能になり、声によるユーザー認識だけでなく、ユーザーに合わせたより正確な回答をしてくれるようになるのだとか。確かに、身の回りにあるスマート家電にBibxyが搭載されるようになるのであれば、家族の声を聞き分ける機能は必須になってくるはずですから、期待がもてそうですね!

ちなみに、音声AIアシスタントのライバルでもある、Amazon(アマゾン)は先駆けてAlexaを他社製のスピーカーや、冷蔵庫などの家電製品に導入してきました。SamsungはデベロッパーにBixby対応アプリの開発キット(SDK)を公開するようなので、Samsungも今後似たような動きをとってくるということでしょうか?

今私たちの周りにはAlexa、Siri、Googleアシスタント、Cortana、Bixbyと、複数のAIアシスタントが混在していますので、今後はスマートスピーカーだけでなく、このAIアシスタント単体でのバトルも熱くなってきそうですね!



Image: Nadir Keklik/Shutterstock.com
Source: Samsung Mobile Press via MacRumors

(Doga)

あわせて読みたい

powered by