ディープラーニングで自動レジ精算。買い物カゴに何を入れたかをトラッキングして万引き防止にも
Image: Standard Cognition / YouTube

ディープラーニングで自動レジ精算。買い物カゴに何を入れたかをトラッキングして万引き防止にも


ジャグリングしても大丈夫。

パッケージのRFIDチップがスマートフォンと連携することでレジを使わずに自動で精算をしてくれるアマゾンの店舗「Amazon GO」が話題になったのも記憶に新しいですが、レジ精算を効率化する試みは他のスタートアップ企業も取り組んでいるようです。

YouTubeで実験店舗におけるシステム試運転の様子を公開しているのがそんな企業の一つ、Standard Cognitionです。彼らのウェブサイトでは「AIによるチェックアウト。レジ行列をすっ飛ばせ」となんとも爽快なコピー文句が書かれていますが、ビデオを見てみるとそれが大げさではないことが分かります。


Video: Standard Cognition / YouTube


Standard Cognitionが開発したディープ・ニューラル・ネットワークはカメラを通して商品を認識・トラッキングすることができます。買い物客が棚からどの商品をいくつ取ったかを常にモニタリングし、店の出口にあるレジに到着するとすでにどの商品を購入するのか、リストアップされて後はお金を払うだけの状態になっているとのこと。


170907autonomousshopping1
Image: Standard Cognition / YouTube


現時点ではまだまだ精度を上げるための試運転とのことですが、「半年後にはパートナー店舗などを見つけて実際に稼働させたいと考えている」とMIT Tech Reviewの取材に応えています。ビデオでは2人の買い物客が商品を交換したり、素早く動いたりとシステムを騙そうとしていますが、AIは常に賢くトラッキングできていることが確認できます。MIT Tech Reviewの体験取材では、チェックアウトの時にジュースの本数が一つずれていたり、購入していない石鹸が含まれていたりとまだ完璧とはいえないようですが、こっそりとシャツの中に隠したジュースはしっかりと記録されていたとのこと。これは万引き防止にも良さそうです。

Amazon GOの場合は全商品にRFIDチップを取り付ける必要がありましたが、Standard Cognitionのシステムではその必要はありません。新しい商品はカメラの前で商品を見せて、棚から掴んだり、ひっくり返したり、買い物かごの中に入れたりといった2分ほどのプロセスを経て登録されるそうです。

アメリカでは既に買い物客が自分でバーコードをレジに通して精算するシステムが広く普及されています。このシステムと組み合わせればレジでは微調整をするだけ、ということも可能になるかもしれません。まだ現時点ではすぐに導入開始、というわけにはいかなさそうですが、近い将来レジの行列が消える日が来るのでしょうか。



Image: Standard Cognition / YouTube
Video: Standard Cognition / YouTube
Source: Standard Cognition / YouTube via MIT Tech Review

(塚本 紺)

    あわせて読みたい

    powered by