Galaxy S5が40台で、ビットコインのマイニングマシンとなる
Image: Kyle Wiens via ubergizmo

Galaxy S5が40台で、ビットコインのマイニングマシンとなる

Galaxy S5の第2の人生。

いや、こんな使い方するとはびっくりしました。Samsungから2014年にリリースされたGalaxy S5、本来の目的を終えたあと、まさかビットコインの発掘専用端末にされるとはね。

Galaxyシリーズはとても人気が高いですから、新しいのがでたらすぐにアップグレードする人も多いはず。古い端末を下取りに出す人、思い出としてとっておく人いろいろでしょうが、台数が集まればこうなります。40台のS5を専用OSで立ち上げ、ビットコインのマイニングをしているのがこちら。

注目したいのは、これSamsung公式のやってみたプロジェクトであるということ。Samsungでは、古いスマートフォンを新しく生まれ変わらせようというアイディア「Upcycling」をスタート。今回のマイニング・マシンは、その一環として作られたもの。

とはいえ、一般ユーザーへの推奨リサイクル方法というわけではないので、マイニングマシンの詳細や作り方は公開されていません。ただ、40台なくても、Galaxy S5が8台集まれば、一般的なデスクトップよりも効率的にマイニングできるとのこと。



Image: Kyle Wiens
Source: ubergizmo, Motherboard

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by