「GoogleがAppleを90億ドルで買収」ダウ・ジョーンズ、技術的エラーで誤ニュースを流す
Image: Rose Carson / Shutterstock.com

「GoogleがAppleを90億ドルで買収」ダウ・ジョーンズ、技術的エラーで誤ニュースを流す

信じた人はいない…ですよね?

株式市場は情報が命。特に通信社が配布するニュースは、正確性に気をつけなければいけません。ところが2017年の10月10日(現地時間)、アメリカ通信社のダウ・ジョーンズ「Google(グーグル)がApple(アップル)を90億ドル(約1兆円)で買収する」という間違えたニュースを流してしまったのです。1兆円って…安いなおい! ちなみに2017年5月9日時点でアップルの時価総額は約8,030億ドル(約90兆円)です。

もちろんこのニュースは正しい報道ではなく、ダウ・ジョーンズ内部の「技術的なエラー」によって配信されてしまったもの。ヘッドラインの一覧を見ると、「GoogleがYayと言った」「これは故スティーブ・ジョブズの提案」「GoogleがApple本社を取得する」など、現実味のないものが並んでいます。

なおThe Wall Street Journalの報道によれば、これらのニュースは「テスト用」として作成されたものだったようです。テスト用のデータを本番用データと取り違えてしまう…IT業界では意外とありがちなミスですが、どうせならもっと目立たないテスト用の記事を用意しておくべきだったのかもしれません。

ダウ・ジョーンズはすぐにこの間違いに気づき、「本日配信された該当ニュースは無視してくれ」と謝罪しています。またTechCrunchによれば、このニュースに反応した取引用のプログラム(ボット)がApple株の買収に走り、一時その株価が上昇したそうですよ。いやいや、株式市場でも色々ありますね。



Image: Rose Carson / Shutterstock.com
Source: Trader 53(Twitter) via The Verge
Reference: Bloomberg
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by