ロボットが接客する「変なホテル」、年内12月に東京へ進出
Image: (C) HUIS TEN BOSCH Co,.Ltd.ALL rights reserved. via PR TIMES

ロボットが接客する「変なホテル」、年内12月に東京へ進出

フラっと寄れる立地に。

受付や荷物運びをロボットが担当している世界初のホテル「変なホテル」が、ついに東京へ進出するとH.I.S.ホテルホールディングスより発表がありました。都内進出第一号は、「変なホテル東京 西葛西」として2017年12月15日(金)に江戸川区に開業します。

これを皮切りに、2018年からは東京・大阪など計10カ所(銀座、浜松町、浅草橋、赤坂、羽田、博多、心斎橋北、心斎橋、京都)での開業を予定しています。いずれも2020年までにはオープンしているようですし、オリンピックイヤーには観光名所兼宿泊先として賑わいそうな予感です。

「変なホテル」といえば、恐竜型ロボットが受付をしている姿はテレビでも見かけたりしますね。2015年3月に第一号が長崎ハウステンボスにオープンし、2017年3月には舞浜に、8月にはラグーナテンボスにオープンするなど、ここへきて順調に勢力を伸ばしています。実際、ハウステンボスでは当初30人いたスタッフがロボットのおかげで7人まで省力化できたとか。

都内だと行きやすいという人も多いでしょうし、フォトジェニック&ロボティクスなホテル体験がより身近になりそうです。なのでアパホテルもカレーを作ってくれるアパ社長ガイノイドをですね。



Image: (C) HUIS TEN BOSCH Co,.Ltd.ALL rights reserved. via PR TIMES
Source: PR TIMES

ヤマダユウス型