恐竜の卵はきれいな青緑色だった
Image: Wiemann et al

恐竜の卵はきれいな青緑色だった

鶏のアローカナも青い卵を産みますよね。

最近の研究では、恐竜の肌や羽の色もかつて考えられていたものと違うなんて話も聞きますが……実は卵の色も、意外にキレイな色だったりすることがわかってきたそうです。それは鳥の中にある、有機化合物プロトポルフィリンやビリベルジンといった色素が原因とのこと。

このたびアメリカとドイツの古生物学者チームが、Heyuannia huangiという中国で見つかった白亜紀の恐竜の化石を調べたところ、ハイテク機器を駆使してその色素が確認されました。

この発見はこれから恐竜の卵だけでなく、彼らの活動などについても何か手掛かりになるかもしれない、大事な一歩となるのです。

170921_dinoeggs2
Image: Wiemann et al (Peerj 2017)

チームは中国に保管されていた卵の化石を集め、キレイに掃除していくつもの分光器で調べたのだそうです。それにより化学物質を検知し、同じく青緑の卵を生むエミューと同じ成分を見つけ出したのでした。つまりHeyuannia huangiは、エミューやヒクイドリと同じ進化を辿った可能性も生まれたのです。さらには『モンハン』のゲリョスみたいな鳥型恐竜、オヴィラプトル科と先祖が同じかもしれないという仮説も立てることができました。

PeerJ Journalで発表された論文では、色の付いた卵はオープン型の巣で父鳥が子育てをすることから、Heyuannia huangiも同様だった可能性も見えてきたと書いています。

かつて科学者たちは鳥類だけが色付き卵を産むと考えていましたが、これでさらなる新説が生まれました。N.Y.にあるアメリカ自然史博物館に勤める、古生物学者のマーク・ノレル氏がナショナル・ジオグラフィックにこう説明しています。

恐竜たちは鳥類よりも先に色付きの卵を産むよう進化を遂げたのです。今でも鳥が色付き卵を産むのは、鳥類ではない恐竜たちが先祖だからなのです。

ちなみに分光器を使った化学の見地から、恐竜の生態を見つけるのも大事なファクターだそうです。

アローカナの卵は栄養価が高くて濃厚な味わいと聞きますが、この卵のお味はどうなのでしょうか? 誰かジュラシック・パークを現実に作り、恐竜TKGを食べさせてくださいな!


Image: Wiemann et al,Wiemann et al (Peerj 2017)
Source: PeerJ via NatGeo
Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by