ホンダ、バイクでもハイブリッドの風をふかせてきた #TMS2017

ホンダ、バイクでもハイブリッドの風をふかせてきた #TMS2017

現行のPCX125だって燃費52.9km/lですよ。一体どれくらいの燃費番長になっちゃうのでしょうか。

2018年にリニューアルされるホンダ・PCXシリーズ。エンジン搭載モデルだけではなく、電気でエンジンをアシストするマイルドハイブリッドな「PCX HYBRID」がラインナップにinです。普通の同クラスのバイクよりは余裕あるとはいえ、このサイズでハイブリッドを実現しちゃうとは。

DSC00187
Photo: 武者良太

さらにモーターだけで動く「PCX ELECTRIC」も発売予定です。いやほんと、燃費の向上っぷりが知りたい!

DSC00236
Photo: 武者良太

燃費話となるとコイツも外せません。「Super Cub C125」です。コンセプトモデルではありますが、プルバックなかもめハンドルを再現しているあたり、1958年生まれのオリジナル・スーパーカブ(C100型)の復刻を狙っているのではと考えたくなります。来年2018年はスーパーカブ生誕60周年となるわけですし。

名前から想像できるようにエンジンは125cc! シリーズ初のクラス限界に挑む大排気量ですよ!

DSC00243
Photo: 武者良太

またレジャーバイクの「Monkey 125」(同じくコンセプトモデル)も公開されました。ディフォルメ感はありますが、スケールは確実にアップしています。

PCXシリーズの先端性も欲しいところですが、ネオクラシックな「Super Cub C125」「Monkey 125」も捨てがたい。是が非でも、発売を!



Photo: 武者良太

(武者良太)

あわせて読みたい

powered by