Apple、iPhone Xディスプレイの「残像」や「焼き付き」を解説
Image: ギズモード・ジャパン

Apple、iPhone Xディスプレイの「残像」や「焼き付き」を解説

なきにしもあらずってことで。

iPhone X」では有機EL方式の美しい「Super Retina ディスプレイ」が搭載されましたが、有機ELといえば焼き付きが気になる、という人もいるかもしれません。過去に、そのような事例も確かにありましたしね。そして、Apple(アップル)は公式サポートページにて「残像」や「焼き付き」について解説しています。

「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」というページの「OLED テクノロジー」という項目を見ると、そこには有機EL(OLED)ディスプレの見え方や起きうる変化が記載されています。例えば、見る角度を変えると色味や色合いが若干変化することも。また長期間使っているうちに、見え方に若干の変化がおこる場合もあるそうです。

そして、画面に以前の表示がかすかに残る「残像」や「焼き付き」も起きる場合があると説明しています。そう、可能性はあるのです。そして状況によっては、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあるんだとか。これについてはOLED(有機EL)の特性だとしています。つまり、iPhone Xの有機ELディスプレイも例外ではないのですね。

ただしそれに続けて、Ruper Retina ディスプレイは「『焼き付き』現象の低減という点でも、業界最高を目指しました」とつづられています。このような焼き付き対策は以前から進められており、Appleとしてもベストを尽くしたということでしょう。

現時点では、この焼き付きを防ぐ方法などは具体的には指示されていません。おまじない程度の効果だとは思いますが、短い時間で画面がオフになるように設定すると、もしかするといいのかもしれませんね。

Image: ギズモード・ジャパン
Source: Apple

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by