iPhone Xで格安SIMデビューしたい方へ。MVNOを導入する方法
Image: Apple

iPhone Xで格安SIMデビューしたい方へ。MVNOを導入する方法

11月3日、iPhone X発売。価格は11万2800円+税〜。

iPhone Xは高いです。普段はAppleの価格設定に盲目な私でも、12万って高いよ…とたまに冷静になります。だから今回は、あえて一括でSIMフリーモデルを買って、月々の支払いを安く済ませる策をとろうかなと思ってるんです。

月に1回ジャブをくらうより、いまストレートを1発くらうほうが気分は楽なのかな…って。なので今回は、MVNOでSIMフリーのiPhone Xを運用するまでの方法をまとめます。

1. MVNOが本当にお得になるのか検討

プランによって月々の通信料金が3大キャリアと比べて安くなる傾向のMVNOですが、実は人によって結局値段が変わらないこともあります。

値段が変わらないその理由は「乗り換え時の手数料」。ほとんどの方が、電話番号をそのまま引き継ぐかと思いますが、それに必要なNMP予約番号を発行するには、以下の手数料がかかります。

MNP転出手数料

・ソフトバンク:3,000円(参照

・au:3,000円(参照

・NTTドコモ:2,000円(参照

転出手数料はひとまず無視できる金額ですが、人によって変わってくるのがここから下。

まず契約しているキャリアの契約更新月ではないタイミングでNMP転出を行なうと、追加で解約手数料がかかります。また機種変更をしたばっかりで、まだ端末代を払い終わっていない場合は、もちろん残りの端末代金も今後引き落とされていきます。しかも、残りの代金はキャリアによる割引サポートも受けられない場合も多いのです。

つまりキャリアから端末代金を請求される期間は、そのキャリアに居てもそこまで値段は変わらないかもしれません。しかし、解約手数料と残りの代金をすぐに払っても、長い目でみるとお得になるっていう見方もできます。自分の契約プランをみながら計算してみましょう。

去年、キャリアでiPhone 7を買った方は要チェックです。

2.どこのMVNOにするか決める

さて、冒頭から長々と書いてしまいましたが、ここまでくればあとはポンポンと手続きを進めていくだけ。まずは、好きなMVNO業者を探していきましょう。

たとえば特徴的なプランとして、特定のアプリの通信量をカウントしない、カウントフリープランは検討の価値アリだと感じました。

・BIGLOBEモバイル:YouTubeやApple Musicの通信量がカウントされない「エンタメフリー

・LINEモバイル:LINEやTwitter、Instagramの通信量がカウントされない「コミュニケーションフリー



3.NMP予約番号を発行

契約するMVNOを決めたら、次は今契約しているキャリアからNMP(携帯電話番号ポータビリティー)予約番号を発行します。これは今使っている電話番号を、他キャリアに引き継ぐために必須の番号です。

発行は、契約中のキャリアの店舗に行くという方法もありますが、手取り早いのは電話で発行の申請をする方法。電話で手続きを進めると、基本的にはその電話で予約番号を発行して教えてくれます。

また、Webサービスから予約番号を発行する方法もありますが、ソフトバンクとauでは携帯電話から行なえなかったり、忘れがちなログインパスワードがないと進めないのでお気をつけを。

4.MVNO業者でSIMを契約

次にMVNO業者でSIMカードを契約をしていきます。NMP予約番号を発行してから15日以内に契約をしないと、番号が失効になるのでこれもまた注意。

量販店やMVNOの店舗で契約する場合は、NMP予約番号を記録しておき契約の際に伝えます。MVNOのWebサイトで契約する場合でも、登録を進めていくとNMP予約番号を入力する画面が出てきます。

ここでポイントなのは、NMP予約番号を使って契約した時点で、元のキャリアが解約されるということ。Webで契約した場合は郵送でSIMが届くわけですから、その間はインターネットはおろか電話も不通の状態になります。店舗でSIMカードが即時発行できる場合、不通の時間はごくわずかです

[2017年10月27日 追記]最近ではWebで契約しても、SIMカードが到着してからNMPの開通を行なう方式が増えてきています。その場合は不通の時間は数時間となります。

5.iPhone Xを入手

MVNOのSIMカードでiPhone Xを使うには、SIMフリーモデルのiPhone Xを自分で購入する必要があります。iPhone Xは10月27日16:01予約開始、11月3日発売。予約はiOSの「App Store」アプリやAppleのWebサイトから行なえますが、予約開始直後はApp Storeアプリを使うのがもっとも予約しやすい方法です。

iPhone Xはかなりの品薄が予想されています。より詳しい入手方法は別の記事でまとめていますので、こちらも合わせてどうぞ。

6.SIMを挿してiPhone Xでセットアップ

SIMフリーのiPhone XにMVNOのSIMカードを挿すだけでネットワークが開通!とはいかないのがMVNO。最後に端末側でAPN設定を行なう必要があります。

具体的には、iPhoneにMVNOのプロファイルをインストールする必要があります。プロファイルは各MVNO業者のWebサイトからダウンロードできるようになっています。


Image: Apple
Source: ソフトバンク(1, 2), au(1, 2), NTTドコモ

(山本勇磨)

    あわせて読みたい

    powered by