第3勢力誕生。LGのハイエンドVRヘッドセットの名称は「UltraGear」か

第3勢力誕生。LGのハイエンドVRヘッドセットの名称は「UltraGear」か

あまり高くならないといいけど…。

PCに接続して利用するハイエンドVRヘッドセットといえば、これまではHTCの「HTC Vive」やOculusの「Oculus Rift」が定番。しかし、そろそろ新しい選択肢が登場してもいい頃でしょう。海外では、LGの未発表のVRヘッドセットの名称が「UltraGear」になるとの情報が伝えられていますよ。

Mobielkopenが伝えている今回の情報は、欧州連合知的財産庁(EUIPO)への商標登録から判明しました。実はLGは上の画像のようなVRヘッドセットのプロトタイプを今年3月に公開していたのですが、いまだに製品を正式発表していなかったんですね。なお、その当時にはこのVRヘッドセットは「SteamVR」と呼ばれていました。

プロトタイプの段階では、SteamVRの解像度は1440×1280ドット(片眼)と、HTC ViveやOculus Riftの1080×1200ドットよりも若干高スペック。視野角は110°で、こちらは前述の両製品と変わりません。また「SteamVR Lighthouse」というベースステーションを利用し、ルームスケールの空間モニタリングが可能なようです。また、付属のコントローラーはHTC Viveのものにとても良く似ていますね。

現時点では、UltraGearがいつ投入されるのかは不明です。ただし商標登録があったということは、通常はその製品の投入時期が近いことを示唆しています。もしかすると、来年初頭の家電見本市「CES」で、製品が正式発表されるのかもしれませんね。



Image: techradar.
Source: Mobielkopen via techradar.

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by