自分で物語を分岐させる。スティーブン・ソダーバーグ監督ドラマ『モザイク』プロモ用iOSアプリ
Image: HBO/YouTube

自分で物語を分岐させる。スティーブン・ソダーバーグ監督ドラマ『モザイク』プロモ用iOSアプリ

点と点をつないで見えてくるものは?

映画『オーシャンズ11』シリーズなどで知られる、スティーブン・ソダーバーグ監督がHBOミニシリーズ『モザイク』でメガホンを取ります。それだけでもうファンには期待値MAXになるのですが…監督はトレイラーの代わりにスマフォ用アプリも監修しているんです。

普通であれば、トレイラーは映像を切り貼りして見せるだけですよね。しかしこのアプリは視聴者が自ら続きの映像を選択し、能動的に自分なりのトレイラーを組み立てていきます。

ではHBOより、『Mosaic』アプリのトレイラーをご覧ください。

Video: HBO/YouTube

各選択肢には映像もあれば、音声のみや架空のサイトのスクショなどがあり、あたかも次々と証拠を集めていく刑事にでもなった気分にさせられます。一度エンディングまで辿り着くと、再確認のために過去の素材を見たくなったり、素通りしてしまった情報も拾いたくなる仕掛けが盛り沢山。通った道によってマルチエンディングにもなっているというから、まるでかつて流行ったゲームブックがインタラクティヴになったようなワクワクがあります。

こんなプロモーション、今まであったでしょうか? これは配給側によるデジタル・デバイスの新たな活用法かと思います。配信前からファンを巻き込むこの手法、今後の潮流を生むかもしれませんね。

『モザイク』はミニシリーズなので6話完結。放映開始は2018年1月ですが、アプリは先行して今年11月公開とのこと。出演はシャロン・ストーン、ギャレット・ヘドランド、ポール・ルーベンスなど。

このアプリで、ストーリー・テリング・エクスペリエンスを体験してみてはいかがでしょうか?



Image: YouTube
Source: YouTube, Watchmosaic via engadget

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by