できるだけ健康的に番組をイッキ見するにはどうしたらいいの?

  • author たもり
できるだけ健康的に番組をイッキ見するにはどうしたらいいの?
Image: Twin Design/Shutterstock

イッキ見したいけど、健康に悪影響なのはイヤ。

秋の夜長に海外ドラマのイッキ見なんてピッタリですよね。1話分でやめようと思っても、面白すぎてズルズルと見続けてしまい気づいたら最終回…もしくは最初からそのつもりでスタートすることもあるかもしれません。イッキ見自体はとても楽しいですが、度が過ぎるとうんざりしてしまうことも…。米GizmodoのDavid Nield記者が健康の因果関係、そしてできるだけ健康的にイッキ見するためにやっておきたいことをまとめています。

イッキ見の科学

Video: Netflix/YouTube

私たちがテレビに執着してしまう現象は、Netflixが登場する以前からいくつも研究が行なわれてきました。さらに、長時間同じ場所にじっと座っていることに関する研究も一般的ですよね。また、長時間ソファで過ごすことが体に及ぼす影響(もしソファに座ってイッキ見しているなら)についてもたくさんの研究結果があります。

驚くことではないかもしれませんが、番組のイッキ見は睡眠の質/量ともに悪影響を及ぼすことがひもづけられています。ただ、番組のイッキ見と睡眠との関係性だけに注視した研究は、現時点で多くはありません。両者の関係性はいまだ明らかにされていませんが、予備調査の結果には気になるものがありました。

「イッキ見しがちなテレビ番組には視聴者を画面に縛り続ける法則があります」とLiese Exelmansさんはミシガン大学のニュースで語っています。Exelmansさんはベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学に所属しており、Journal of Clinical Sleep Medicineに掲載された「Binge Viewing, Sleep, and the Role of Pre-Sleep Arousal」という2017年度の研究に携わっていました。「視聴者たちはコンテンツに深くのめりこんでしまい、眠りたくても番組について考えつづけてしまう可能性があると考えています」と語っています。

Video: GameofThrones/YouTube
『ゲーム・オブ・スローンズ』も睡眠習慣をダメにしかねない、イッキ見しがちなドラマ

イッキ見が睡眠に影響を及ぼす要因は、中毒的なテレビの性質だけではないかもしれません。最近ではデスクトップやモバイル端末のOSにナイトモードが搭載されていて、同様の効果を持つアプリもあります。それらは睡眠に向かわせるホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまうブルーライトの量を低減化してくれます。

睡眠の質が低い、あるいは十分に睡眠時間をとれていないようであれば、イッキ見しようが一話分だけだろうが連鎖反応になって眠れなくなってしまいます。私たちにとって睡眠がどんなに良いものかはすでに世間に認められており、睡眠不足は日中の集中力の低下を引き起こしますといわれます。長期的な観点でみれば、科学者たちは質の低い睡眠が肥満や高い心臓病リスク、それ以外にも重大な健康問題に繋がってしまうとみています。

「いつもの寝る時間以降も起きつづけて観るとしたら、イッキ見は問題となりますね」米Gizmodoにこう答えたのは、アメリカ睡眠医学会(AASM)のスポークスパーソンであるNitun Verma医学博士。「もちろんこれは睡眠時間の減少という意味合いもありますが、概日リズムも乱しかねません。つまり、夜更かしが翌晩の睡眠まで邪魔してしまうかもしれないんです」とのこと。

たとえ十分に睡眠していたとしても、長時間一カ所にとどまり続けることは健康に害であるとされています。この点はオフィスワーカーならよくわかるでしょう。長時間座りっぱなしでいることとあらゆる健康問題(体重の増加から認知症になるリスク増加にいたるまで)には関連があるとハーバード大学の研究は示しています。

Video: Twin Peaks/YouTube
『ツイン・ピークス』も夜更かししてしまうドラマです。

それでもイッキ見したい人には、最近のこんな研究結果はどうでしょう? 数日あるいは数週間にわけて番組を視聴をしたときとイッキ見を比較すると、後者のほうがコンテンツが記憶に残らず、感じる楽しみも少ないことが明らかになったんです。

同研究のリーダーでオーストラリアにあるメルボルン大学のJared Cooney Horvathはこうコメントしました。

我々の研究は簡単にいえば、番組を見るためのスケジュールがその学習、記憶、そして楽しみに影響を及ぼすと示しているのです。イッキ見は従来の日あるいは週ごとの視聴の当たり障りのない代替品ではありません。独自の影響や結果を伴う完全にユニークなプロセスなのです

オーストラリアで行なわれたこの研究は、対象者が51人しかいませんでした。現時点ではまだ総合的な結論に飛ぶべきではありませんが、テレビ番組の異なる視聴方法が私たちの反応を変えるというのは興味深い見解です。

イッキ見によって私たちの睡眠が妨げられ、さらに番組視聴の楽しみがそがれるとしても、やっぱり「もう1話だけ…」と再生ボタンをクリックしたくなるもの。そこで、イッキ見による健康への被害を最小限に留めるためにできることがあるんです。

できるだけ健康的にイッキ見するためにやっておきたいこと

チョコレートやキンキンに冷えたビールなどの嗜好品のように、テレビの視聴も節度を持っているときが一番良いのです。ビールをおかわりしたくなるように『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のエピソードをもう1話分観たくなるかもしれませんが、18話(または完全にできあがってからのビール)も立て続けにしてしまえばその良さも薄れていってしまいます。

もし定期的にイッキ見をしているなら(若者の80%がイッキ見をしている)、連日続けないようにしましょう。夜遊びから回復するのと同じで、Netflixをイッキ見した徹夜明けに身体が回復しようとするなか、その習慣をしつこく続けていたら健康な状態に立ち戻るのも難しくなってしまいます。

小さな努力で改善できることもあります。Netflixで自動連続再生の機能をオフにするなら「アカウント情報」-「再生設定」で簡単に設定が可能です。

アメリカ睡眠医学会(AASM)は、毎晩何かを視聴する前に視聴話数の制限を設定すること、そして『クリフハンガー』の展開がどんなにドラマチックだろうとその話数を守ることを推奨しています。Netflixはダウンロードもできるので一度に観る話数を絞って制限したり、平日夜に見過ぎないよう週末に時間を空けておくのも手かもしれません。

171004bingewatch6
Image: Netflix
自動再生を無効にしよう…。

「アラームの設定は、生活習慣を忠実に守ることを思い出させてくれるので、一番良い方法です」とVermaは提案しており、これならスマートフォンだけでも簡単に対処できます。特定のサイトでの滞在時間を制限できるアプリもあり、これはFieldguideで紹介されています。

アドバイスには、夜に目が浴びるブルーライトの量を減らすためにナイトモードやダークモードを活用することや、可能ならばスマートフォンやタブレット端末やラップトップよりも、テレビでのイッキ見をしたほうが良いことも含まれています。ベッドにiPadを持ち込むよりも下の階のテレビを観るほうがまだ目に優しいですし、途中で離脱しやすくなるからなんだそう。

長時間、同じ体勢で座りっぱなしになることについては、長い間机に向かい続けるのと同じアドバイスが当てはまります。イッキ見を数回にわけて、その合間に散歩をするといいかもしれません。身体を伸ばして血行を良くしたり、直前のエピソードの展開について深く考えることもできますよ。

あれやこれやと紹介してきましたが、健康的になりたいならイッキ見をやめるか、するにしても頻度を少なくすることに尽きます。これは各自の気持ち次第ですね。あなたが今観ようとしているエピソードは、逃げてしまうわけではありません。長い目でみればイッキ見をやめたほうがもっとコンテンツを楽しめるかもしれませんよ。

Image: Shutterstock
Source: Journal of Clinical Sleep Medicine, University of Michigan, Apple, Lifehacker, Wikipedia(1, 2), WebMD, plos.org, Harvard Health Publishing, Mayo Clinic, firstmonday.org, American Academy of Sleep Medicine(1, 2), YouTube(1, 2, 3

David Nield - Gizmodo Field Guide[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ