ソニー「AIBO」系譜の新しいイヌ型ロボット、11月に発表か!?
Image: Sony Japan

ソニー「AIBO」系譜の新しいイヌ型ロボット、11月に発表か!?

この子なくして人工知能は語れません。

10月始めに日本経済新聞が報じた、ソニーが「AIBO」の系譜を継ぐ、新しいイヌ型の家庭用ロボットを来年春にも発売するという情報。AIBOユーザーだった人も、当時高くて買えなかった人もかなり盛り上がったニュースでしたが、The Wall Street Journalはさらに踏み込んで「11月に製品が発表されるだろう」と報じていますよ!

ソニーのAIBOといえば、1999年に登場した、抱きかかえられるほどのサイズの犬型ロボット。自律的に動作するだけでなく、ユーザーとコミュニケーションを取り、成長するのも大きな特徴でした。しかし2006年には生産が、そして2014年には修理対応が終了してしまうなど、AIBOはすこし寂しい時期を過ごしていました。

今回の報道ではソニーが11月にメディアイベントを開催し、新型のイヌ型家庭用ロボットを発表するとしています。ただし、この後継モデルが「AIBO」の名称を引き継ぐのかどうか、またその価格は不明とのこと。初代AIBOは25万円で発売されましたが、はたしてそれに肩を並べるような価格になるのかどうか…。でも、価格を気にして中途半端な製品は出して欲しくない気もしますね。

このイヌ型ロボットはAI(人工知能)を搭載するだけでなく、インターネットに接続して、スマートホーム製品のコントロールもできると言われています。また動作も改善されるとのことで、より「一緒に遊ぶ」感覚が味わえそうです。

当時はAIBOが買えなかった人も、近いうちに家庭用ロボットを自宅にお迎えする夢がかなえられるかもしれませんよ!



Image: Sony Japan
Source: The Wall Street Journal via The Verge, 日本経済新聞
Reference: PC Watch

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by