Pixelbook誕生。スマホアプリもGoogle Assistantもスタイラスも使えるPC

Pixelbook誕生。スマホアプリもGoogle Assistantもスタイラスも使えるPC

Chromebookの新たな時代が始まりそう。

本日GoogleのPixel 2発表イベントで、噂通りChromebook Pixelの復活版、その名も「Pixelbook」が発表されました。価格は999ドル(約11万円)からと、リーク情報よりはだいぶお手頃です。それでも一般的なChromebookよりはお高めではありますが、このPixelbookは先代Chromebook Pixelと違って、本当にお値段ぶんの価値があるラップトップに仕上がっていそうです。

171004_pixelbook2

Pixelbookは12.3インチのマルチタッチディスプレイ搭載、解像度は2560 x 1700(ちなみにSamsungのChromebook Proは、これよりちょっと小さい2400 x 1600のマルチタッチディスプレイですが、お値段500ドル≒約5万5000円です)。デザインはリーク情報通りSurface bookのようなシャープなライン、背面にはガラスが使われていてプレミアム感があります。LenovoのYogaシリーズのようにヒンジが360度回転し、タブレットのようにタッチで使うこともできます。

スペックを他のPCでたとえるなら、Macbookとだいたい同じくらいです。本体は厚さ10mm、重量は約1kg。プロセッサはIntel Core i5またはi7、RAMは8GBまたは16GB。ストレージはSSDで128GB、256GB、512GBの3パターンがあります。

128GBといったら前回のChromebook Pixelの大きい方の2倍、サムスンのChromebook Proの4倍です。ただこのPixelbookはついにAndroidアプリに対応したので、ストレージはその分必要になると思われます。このアプリへの対応は、Chrome OSとAndroidの歩み寄りによって可能になりました。

171004_pixelbook3

さらにこのPixelbook、オプションのPixel Penでも操作できます。Pixel Penは99ドル(約1万1000円)で、ディスプレイにタッチしてから表示までのラグはわずか10ミリ秒、認識角度は60度、感圧レベルは2000段階以上です。Googleは今回ワコムとパートナーシップを組んでいて、Pixel Penはワコムのハイクオリティなペンと同等の出来と言えます。

そして楽しみなのが、PixelbookにはGoogle Assistantが内蔵されていることです。Google Assistant専用キーがあり、これを押してタイプするか、話しかけて操作します。Google AssistantはPixel Penとも連携していて、たとえばPixel Penで知らない単語をマークするとその意味を調べてくれたり、人物の画像をマークすると、その人のYouTubeやInstagramへのリンクを表示してくれたりします。

またスマートフォンもPixelを使っていれば、接続できるWi-Fiがないとき、Pixelbookが自動でPixelとテザリングしてくれます。

Pixelbookのプレオーダーは本日開始、発売は10月23日です。なお、日本での展開はいまのところ発表されていません。


Source: Google

Alex Cranz - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)

    あわせて読みたい

    powered by