デジタルカメラ界のBI砲。ソニーとマンフロットが協業を発表
Image: ソニー, マンフロット

デジタルカメラ界のBI砲。ソニーとマンフロットが協業を発表

夢のタッグ……!

夢のタッグと言えば、やはりジャイアント馬場アントニオ猪木BI砲ですが、そのインパクトに負けないくらいすごいタッグが生まれました。

ソニーマンフロットです!

ソニーは、説明の必要はないでしょう。世界のソニーです。マンフロットは、写真・ビデオなどのカメラアクセサリーの開発と販売を行なう人気メーカーです。

この夢のタッグ、まずはソニーのαシリーズ用の全く新しい製品ラインがデビュー戦になるとのこと。これらは2018年に発売予定です。

さらにプロフェッショナル向けの製品においては、マンフロット社のブランドであるGITZO(ジッツオ)の新商品展開も視野に入れているそうです。

具体的には、ミラーレス一眼用のトラベル三脚「befree」の特別バージョンを皮切りに、マンフロットとGITZOのプロフェッショナル向けで高性能な三脚プレートビデオヘッドなどが予定されているとのこと。befreeに関しては10月26日のPhotoPlus(ニューヨーク)で発表されるそうです。

ちなみに協業における商品販売やサポートは、マンフロットが担当するとのこと。

僕はマンフロット製のカメラバッグをいくつか持っていますが、価格は比較的お手頃で高品質。GITZOの三脚もやはりプロフェッショナル向けだけあって、使いやすく頑丈です。

いったい、どんな製品になるのかなー。カメラ周りグッズ大好きな僕としては、目が離せません!



Image: ソニー, マンフロット
Source: ソニー, マンフロット

(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by