ソニーもスマートスピーカーを12月に国内発売。IFAで展示されたヤツか!?
Image: Sony

ソニーもスマートスピーカーを12月に国内発売。IFAで展示されたヤツか!?


ますますスマスピが盛り上がってきましたね!

今日は、Google(グーグル)の「Google Home」の日本上陸の日が発表されたり、LINEの「WAVE」の正式版が発表されたりと、スマートスピーカー祭りですが、ソニーの参戦も近そうです。NHK News Webによりますと、ソニーが日本語対応のAIアシスタントを搭載したスマートスピーカーを12月に国内発売するようです。

このスマートスピーカーはAIアシスタントとして、Googleの人工知能を採用しているとのこと。これは言わずと知れた「Googleアシスタント」のことでしょう。純正のGoogle Homeは10月6日発売ですし、対応製品もソニーだけでなく各社から登場する予定です。

20171005nsony
Image: Sony

さて、実はソニーは、9月にベルリンで開催されたIFA 2017にて、スマートスピーカーLF-S50G」を発表していました。上がその画像ですが、Googleアシスタントを搭載しており、ジェスチャー操作できる点は今回の報道と一致しています。つまりは、発売されるのはこのモデルが可能性が高いですね。

LF-S50Gはサブウーファーを搭載するなど、音質にこだわったモデル。またIPX3の防滴性能にも対応しているので、キッチンなどでも安心して使えそうです。これまで海外投入の予定しか発表されていなかったので、日本での発売が実現するとすればうれしいですね〜。

なお12月といえば、HomePodの海外での投入時期でもあります。日本ではタッチの差で先行登場しそうなソニーのスマートスピーカー、どれだけ便利なのかぜひ体験してみたいものです。



関連記事:
ソニーもスマートスピーカー参戦!Googleアシスタント対応「LF-S50G」
「Google Home」今週中に日本発売! 小さな「Google Home Mini」も日本投入へ
LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」が正式発売! 価格は1万4000円に

Image: Sony(1, 2
Source: NHK News Web

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by