持ち歩きたさを後押ししてくれる、そんなウォークマン。ソニー「NW-ZX300」を使ってみて
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)

持ち歩きたさを後押ししてくれる、そんなウォークマン。ソニー「NW-ZX300」を使ってみて

コト消費といわれても、良いモノにはとろけてしまうのです。

ソニーが満を持して発表した最新のハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX300」が、2017年10月7日(土)に発売されます。ソニーがいままで積み重ねてきた職人的ノウハウと、エンジニアチームの病的なまでの情熱をふんだんに詰め込んだ本機は、まさに現代のハイレゾウォークマンの極致、究極のメニューといっても過言ではないでしょう。

先日、先だって手にする機会を得たときにコレはすごい逸品だと感じていましたが、このたび少しの期間お借りすることができました。音質の良さはもちろんのこと、長く使うことで感じ取れたエモな驚きとともに感想をお届けしたいと思います。


sony_select_3
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


sony__0012_IMG_0236
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


sony__0015_IMG_0230
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


「NW-ZX300」は、音質とポータブル性を追求した「NW-ZX100」の後継にあたり、ZXシリーズとしてはじめて4.4φバランスケーブルを採用したモデル。フラッグシップモデルである「NW-WM1」のエッセンスを、このコンパクトボディに収めることに成功したモデルと言い換えてもいいでしょう。胸ポケットにも収まる程よいサイズ感です。


sony_select_4
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)
左:MDR-100A、右:XBA-N3BP


レビューには「MDR-100A」と、こちらも10月7日(土)に発売されるバランス端子対応イヤホン「XBA-N3BP」を使用。いくつかハイレゾ(24bit/96kHz)の曲を試聴してみましたが、それぞれのパートがよりはっきりクッキリと耳に届いてきました。「ここのギター、こんな動きしてたのか」、「そんなところにスネア入ってたのか」というような、今まで埋もれていたサウンドたちとの出会いが尽きません。DSD 5.6MHzの音源も聞いてみましたが、いいですね。まさに生演奏のごとき継ぎ目の無さ、余裕のある音場感です。


sony_select_1
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)
MDR-1000Xを着用


「MDR-1000X」を使ってBluetooth再生時の音質も確かめてみましたが、こちらも非常に艶やかな聞き応えでした。本機は990kbpsの伝送量をほこる高音質コーデック「LDAC」に対応。従来のコーデックより最大約3倍の情報量を伝送することでもたらされる高音質化の威力もなかなか侮れません。そのままMDR-1000Xでアンバランス接続も試聴してみると、さすがに音の広がりやパートのフォーカス具合はバランス接続に譲るものの、スマートフォンで再生するよりも耳に心地良く感じます。とはいえ、可能な限りバランス接続で聞きたいのが本音ですね。

sony_1
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


健全な視聴には健全な操作性が不可欠。前面にあしらわれたマットガラスは手触りも指滑りも素晴らしく、まるで氷の表面をなぞっているかのような滑らかさでタッチ操作をこなせます。その指に感じる確かな質感は本当に素晴らしいもので、音質以外で僕が一番グっときた要素でもあります。すなわち、モノとしての良さ、触ったときの高揚感です。「NW-ZX300」は、手に持ちたくなるウォークマンなんです。

この持ちたくなるという物質的欲求は音質の感動にリンクし、持っていても聞いていても楽しいという一段階上の感動体験に繋がります。プロダクト自体の良さってこういうのにも繋がるんだなぁと改めて思いつつ、音楽も消費主義的な文脈を備えてしまった昨今だからこそ、モノもコト(音楽)も丁寧にいきたいよね、というロマンも半ば勝手に感じつつ。なんせカッコよくて音がいい、そしてかさばらないとくれば文句無しでしょう。本当に無いんですよ、困ったことに。


sony__0018
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


「NW-ZX300」の発売日は2017年10月7日(土)、価格はソニーストアだと6万4880円(税抜)となっています。コスパで見てもハイレゾウォークマンデビューとして良い塩梅だと思いますし(バランスケーブルやらヘッドホンやらの追加費用もあるけど)、多くの人に触れて聞いてほしいなと思う次第です。文字通り、さわって確かめてほしい。

一部、「NW-ZX300」を「NW-ZX100」と誤表記していたため、修正いたしました。大変申し訳ございません。

Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)
Source: NW-ZX300

ヤマダユウス型