SpaceX「ロケットで地球上どこでも1時間以内に行けるけど、乗る?」
Image: SpaceX/YouTube

SpaceX「ロケットで地球上どこでも1時間以内に行けるけど、乗る?」

あっ、ニューヨーク行きの便と火星行きの便、乗り間違えたちゃった。

SpaceXのCEO・イーロン・マスクが火星移住計画を発表してから早1年。今年も国際宇宙会議(IAC)が開催され、SpaceXがまた大胆な発表をしました。タイトルを見て、「迷走してる?」と思ったあなた。いえいえ、その逆なんです。お金のやりくりを検討した結果なんです。

今回の発表の目玉は「BFR」と呼ばれているロケット。「Big F*cking Rocket」の略で、訳すと「クソでかいロケット」になります。相変わらずの茶目っ気ですね(笑)。これは昨年発表された「惑星間輸送システム(ITS)」のロケットを置き換えるもので、構想とは大きさが一回り小さくなっているものの、可能性は大きくなっています。サイズが小さくなると、逆に用途が増えるらしく、それによってお金の工面に検討がつくという主張です。どういうことなのか?

20171001spacex-earth-to-earth-01b
Image: SpaceX/YouTube

BFRは、Falcon 9(SpaceXの現役のロケット)の6.5倍以上のペイロード(=ロケットに乗せらせる質量)を打ち上げられます。それでいて1回あたりの打ち上げコストはFalcon 9以下。性能も凄まじいもので、火星に行くこともできれば月へ行って帰ってくるのも可能だそうです(宇宙で燃料補給すれば)。そして最も重要なのが、SpaceXの主な収入源である人工衛星の打ち上げと、国際宇宙ステーション(ISS)への運送も余裕で引き継げるという点。そんなわけで、SpaceXはこれからFalcon 9などを作り置きしながらBFRの開発に集中し、完成したらできる限りすべての打ち上げをBFRで行なうんだそうです。

あとは火星移住計画を進めるのみ。2022年に無人のBFRを2機、2024年には無人2機と有人2機を火星に送れるかも、とマスク節が炸裂しました。現地に燃料生産プラントを立て、街をつくり、いずれはこんな風になるといいね、というイメージ図(下画像)。

20171001spacex-earth-to-earth-02
Image: SpaceX/YouTube

と、そこで発表が終わるかと思いきや、イーロンは「火星に行ける乗り物、地球で使ったらどうなる?」と言って、次の動画を再生。

Video: SpaceX/Youtube

動画の内容:ニューヨークの港で乗客を乗せた船が、少し沖のロケット発射台へ向かいます。乗客がロケットに乗り込んだらエンジンが点火。しばらくして軌道に乗ると、ロケット下部が上部より分離し、下部だけ元の発射台に戻ります。ロケット上部はそのまま飛び続け、目的地である上海の発射台に着陸。最高速度は時速2万7000km、飛行時間は約39分。

東京から出発したとしてハワイまで30分、ニューヨークまで37分。地球上どこでも1時間以内、多くの場合30分以下だそうです。ちなみに東京〜ニューヨークは飛行機で大体14,5時間かかります。それが37分ですよ。しかも、「料金は飛行機のエコノミークラスと同じくらい」と言っています。どういう計算なのはわかりませんが、是非とも実現して欲しいですね。

皆さんは乗ってみたいですか? 私は道のりの無重力を体験したいがために乗っちゃいそうです…っていうかそのまま宇宙ホテルを開業して欲しいかも。



Image: YouTube (1, 2)
Source: YouTube
Video: YouTube

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(西谷茂リチャード)

あわせて読みたい

powered by