笑顔やウィンクでコントロールできるボール型ロボットトイ「スフィロ ミニ」
Image: Sphero

笑顔やウィンクでコントロールできるボール型ロボットトイ「スフィロ ミニ」

ピンポン球サイズにテクノロジーがぎゅぎゅっと。

『スター・ウォーズ』シリーズのロボット・トイなどでお馴染みのSpheroから、ボール型トイロボット「スフィロ ミニ」が本日発売されました。

スフィロ ミニはピンポン球とほぼ同じくらいの球体型で、2013年に発売されたSphero 2.0をさらにアップデートさせたもの。スマートフォンにインストールした専用アプリをBluetoothで連携させることで、さまざまな遊びを楽しめます。

Video: Sphero/YouTube

顔の表情を使ってスフィロ ミニを操縦するフェイス・ドライブ機能では、スマートフォンのカメラに映った表情の変化をアプリが認知することで自由な操縦が可能になっています。また、スフィロ ミニ本体を手に持ってコントローラーのように動かしながら、アプリ内のゲームで遊ぶモードも。Spheroの教育向けアプリ「Sphero Edu」を使えばスフィロ ミニの動作を自由に制御して遊びつつ、簡単なプログラミングを学ぶことまでできます。

MiNiLifeHR-4444-min
Image: Sphero

ピンポン球サイズでコロンとした見た目ですが、遊びのなかでさまざまなテクノロジーに触れることができちゃう優れモノですね。

MiNiPeeps-Green-600x400
Image: Sphero

バッテリーは同梱のUSBケーブルで充電し、アプリはiOS 10 & Android 5.0 以降のバージョンに対応しているとのことです。カラーはブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、ホワイトの5色展開でとってもカラフル。お値段は参考価格でひとつ税込6,350円です。

大手家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラ、エディオン等の主要店舗)など実店舗ほか、Amazon.co.jpでも販売しています。

Image: Sphero
Source: Sphero, Amazon.co.jp

(豊田圭美)

あわせて読みたい

powered by