もし太陽を地球に持ってきたらどうなるの?

もし太陽を地球に持ってきたらどうなるの?

ホンの一部だけでも大惨事Death。

いつも空の上で燦然と輝く太陽。いつもあるのでそのありがたさを忘れがちですが、先日は99年ぶりの皆既日食大陸横断で世界が注目していましたよね。

キュートな絵柄でクレイジーに科学を検証するKurzgesagt – In a Nutshellが、今回はもし太陽を地球に持ってきたらどうなるのかを真面目に考えているようです。

まずはそのアニメをお楽しみください。

Video: Kurzgesagt – In a Nutshell/YouTube

動画では太陽のどの層をサンプルとして地球に持ってくるかで結果が変わるとして、4つの層で試算した結果を教えてくれました。サンプルのサイズは家一軒分、持ち込まれるのは海抜0m地点としています。

彩層

ここは太陽表面のプラズマ大気層ですが、高さ1万~1万2000kmとこの層だけで地球の直径とほぼ同サイズ。そして星の深さ5000kmまで続くブ厚い層で、温度は約6,000~2万度という超高熱の場所となっています。

もしここを地球に持ってくるとしたら、空気よりも密度が100万倍薄いため、地球の空気圧によりすぐに消滅してしまいます。ですが空気が薄い彩層は地上の空気を猛烈に吸い込むため、そのときの衝撃波は12kgのTNT爆薬が爆発したのと同じ状態になります。近くにいる人のメガネは砕け、体内の骨や内臓が破壊されるほどになります。

光球

ここは可視光を放出する層ですが、アメリカ合衆国と同サイズの細粒がひしめきあい、5,000度を超える熱い場所です。ここも空気の密度が低いのですが、を持っているので消滅はしないのだそうです。しかし空にある太陽の100万倍の明るさで光りながら25kgのTNT爆薬と同等の爆発を起こし、数ミリ秒後に火災を発生させるのです。

放射層

200万度のプラズマ粒子が押し合いへし合い、複雑な迷路のようになっている高密度な場所。もし光子が外に出ようとすると、プラズマの合間を縫いながらこの迷路を百年も千年もさまようことになります。

もしここが地球上に運ばれたなら、プラズマをギチギチに押し込めていた極限の圧力が解放され、原子力爆弾と同等の爆発を起こします。ひとつ違うのは、破壊された街が放射性降下物によって汚染されないことでしょうか。

中心核

太陽の容量1%を占めるのに、1/3の密度を持つもっとも危険な場所です。これが抑えられているのは宇宙に散らばる星々の重さが出す圧力のおかげというくらいヤバい所なのです。ここの温度は1500万度で水素がぶつかり合ってヘリウムを作ることで、核融合を起こしています。

もしここを地球に持ち込んだら、40メガトン級のツァーリ・ボンバを遥かに超える40億トンの爆発を起こします。仮に家サイズの中心核が朝のパリに持ち込まれたとしたら、ロンドンの人々は2つめの日の出を見るかのような明るさになります。ただその明るさはどんどん強く熱くなっていき、ロンドンはすべて灰になることでしょう。その爆発は半径300kmすべてを巻き込み、その衝撃波は地球を何度も周回するのです。

衝撃波によってヨーロッパ中の建物は崩壊し、人々の鼓膜は破れ、地球の反対側の家の窓ガラスが割れるほどの衝撃が世界を駆け巡るのです。おそらく人類は滅亡するでしょうが、万が一生き残っても空を覆う灰がミニ氷河期を作り出り、生き延びるのは困難を極めることでしょう。

***

どれも大変危険な行為ですが、ご安心ください。これらは計算上こうなるというだけで、実際に太陽の一部分を持ち込むなんてまず不可能。科学と数学でこんな妄想をしてみるのもオツなものですよね。

Image: YouTube
Source: YouTube
Reference: Wikipedia
Rhett Jones - Gizmodo SPLOID[原文


岡本玄介

あわせて読みたい

powered by