『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』日本版本予告編と日本版ポスター解禁!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』日本版本予告編と日本版ポスター解禁!

『スター・ウォーズ最後のジェダイ』公開まであともう1ヶ月と半分。C-3POが登場する日本版本予告編(C-3POが出てくるのは日本版だけ!)と、「光か、闇か…」意味深な言葉とともに公開された日本版ポスターを見てフォースを高めましょう。

動画はディズニー・スタジオ公式チャンネルより。C-3POの元気な姿が見えてちょっと安心。

4月に公開されていたポスターはTom Jung版の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のポスターに描かれたルークをレイが置き換えたような姿の背後にまがまがしい表情のルークとカイロがいるもの。そして、メインキャラ達が真紅のローブをまとうポスターもありました。しかし今回新たに公開されたポスターは、どことなくRoger Kastelによる『スター・ウォーズ エピソード5帝国の逆襲』ポスターをほうふつとさせるような、上部背景が宇宙で、中程から筆のタッチが残る感じで色が塗られています。

興味深いのはこの日本版ポスターに相当するアメリカ版ポスター。そちらはStar Wars公式サイトでご覧できるようになっているのですが、日本版ポスターとはキャラクターは位置が違うのです。間違い探しの回答のように書き出すと:

(日本版/アメリカ版)

  • ・レイがセンター/ルークがセンター
  • ・チューバッカの肩にポーグ!/ポーグなし
  • ・キャラ左右に宇宙船/宇宙船はレイア下とタイトル横から下のみ
  • ・エリート・プレトリアン・ガードの位置はポーの後ろ/ハックス将軍の肩の後ろ

このほかにも、レイとルークのセンターの入れ替わりに起因してか、カイロ・レンのライトセーバーの傾き加減が違ったりなどしています。

それにしても気になるのは日本版ポスターの「光か、闇か…」という文言。キャラクターの配置などからしても、右半分が闇っぽくて、左半分は光っぽいようにも見受けられますが、だとすればポー・ダメロンは今回闇に引きずり込まれてしまうのでしょうか?中央に配されたレイアはその両サイドは眼中になく、まっすぐこちらを見つめており、アメリカ版ポスターで中央に配されたルークもまた、まっすぐこちらを見つめており、なんだかフォースの光と闇を傍観するかのようにも、はたまた、その狭間で苦悩するようにも見えます。

しかし本当は、光と闇の狭間で心が揺れ動いているのはカイロ・レンとレイの二人なのかも…

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開日は12月15日(金)。それまで「映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でいま分かっていることすべて」もおさらいしつついろいろ想像してみるのもいいかもしれません。


Source: YouTube

abcxyz

あわせて読みたい

powered by