顔認証なんてもう古い…なんと心臓で認証する技術が発表
Image: Apple

顔認証なんてもう古い…なんと心臓で認証する技術が発表


認証プロセスすら不要に!

Touch IDでパスコード入力とサヨナラし、指紋認証で未来を感じたのもいまは昔。今度はiPhoneでも、Face IDの顔認証が一般化する時代になりましたけど、その次の未来は、どうやら心臓がカギを握っていそうですよ。

このほどニューヨーク州立大学バッファロー校(University at Buffalo)の研究チームは、心臓スキャンによる認証技術の可能性を説いた論文を発表。心電図検査をベースにするスキャンソフトを開発し、なにもユーザーが操作せずとも、心臓の固有データから認証を進めることで、新たな世界が切り開かれるとアピールしています。


だれかと会って話すだけで、顔は広く知られてしまう。なにかに触れるだけで、そこから指紋は入手できてしまう。だから、指紋や顔を用いた認証法は万全ではない。しかしながら、心臓についていうならば、決して盗み出せない万全の認証システムとなり得る。おまけに生存確認技術としても活用可能だ。


今回の研究チームを率いたWenyao Xu助教授は、このようにコメントしています。同認証技術で要となるのは、ドップラーレーダーを用いて測定した、ユーザーの心拍数、心臓の形、心臓が鼓動するときの3Dデータでの動きで、この3つの認証ベースでの誤認識率は4.42%だったとされています。最初に行なうユーザーIDともなる認証ベースの測定にかかる時間は、わずか8秒で、その後は認証がマッチする限りデバイスを使い続けられるといった継続認証が可能です。

ログインのときだけ指紋や顔で認証するのではなく、常にユーザーの心臓の動きをトラッキングしながら、本当に認証されたユーザーだけにデバイスの使用を許可することができる新認証技術。ログイン画面というアプローチすら過去のものとなるため、次世代のセキュリティシステムとして脚光を浴びるやもしれません。

今回の発表では、銀行のATMにて、キャッシュカードなしに心臓スキャンで現金を引き出したり、空港の出入国管理で本人を特定するなどの利用シーンも紹介されています。個人情報の保護やプライバシーなどの問題は懸念されるものの、そのうちこうした心臓を用いる新たな認証システムが一般化していく時代がやってくるのかもしれません。

Image: Apple


Sidney Fussell - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by