すっごく快適。新型タクシー「JPN TAXI」に乗ってきた #TMS2017

すっごく快適。新型タクシー「JPN TAXI」に乗ってきた #TMS2017

早く街中を走り回る姿を見てみたい。そして乗りたい。

トヨタが先日発表した、次世代のタクシーJPN TAXI(ジャパンタクシー)」。快適性を重要視したつくりがウリで、トヨタは日本のタクシーを全部これに置き換えたいんじゃないか、ってくらい力が入っています。明日10/27より一般公開される東京モーターショーに展示されていたので、さっそくあちこちチェックしてみましたよ。

taxi1
私(金本・身長180cm弱)が横に立ったときのサイズ感はこれくらい。
Photo: ギズモード・ジャパン

スライドドアから乗り込んだときの第一印象は「乗るのがらくちん!」ってこと。車の天井と椅子の座面が高いので、立った状態からサッとシートに滑り込めます。

taxi3
Photo: ギズモード・ジャパン

体を支えるための手すりも充実。イエローで目立たせてあるので、どこをつかめばいいのかわかりやすい。

taxi4
Photo: ギズモード・ジャパン

足元のスペースは、スーツケースが置けるくらい広いです。ベビーカーも折りたためば載せられるかも。

taxi5
Photo: ギズモード・ジャパン

ドライバーシートの後ろには2つのUSBポート。写真奥にあるのはFelica/NFCリーダーです。お会計もサッと済むようデザインされています。

ブース展示だったので走行時の乗り心地まではわからないのですが、今のタクシーと同じか、それ以上の快適さになっていると思います。このリッチな乗車体験で都内なら初乗り410円!これからタクシーに乗る機会がマジで増えそうです。


Photo: ギズモード・ジャパン

(金本太郎)

あわせて読みたい

powered by