約20年前の携帯電話ディスプレイで観る15年前の『スパイダーマン』

  • author たもり
約20年前の携帯電話ディスプレイで観る15年前の『スパイダーマン』
Image: Science Nurd

時の流れの速さとスマホの進化にしみじみ。

スマートフォンでHD動画を観るなんて今じゃ当たり前のことですが、さかのぼること19年前、当時最新モデルだったNoia 5110での動画再生はモノクロで粗い映像でした。

YouTubeチャンネルScience Nurdは、この端末のスクリーンを使って映画やゲームの再生に成功。2002年公開のトビー・マグワイア版『スパイダーマン』や1999年公開の『マトリックス』第1作のワンシーンが再生される様子を公開しています。

VIdeo: Science Nurd/YouTube

1998年に発売されたNokia 5110を動かしているプロセッサはとても古く、適切なフレームレートを得るために同機の84×48ピクセルのモノクロLCDスクリーンをArduinoに繋げる必要があったとか。

Video: TopMovieClips/YouTube

ちなみに『スパイダーマン』再生映像はこの動画の27秒ごろからと1分34秒ごろからにあたります。カラー液晶が登場する前のモノクロで粗い画質とオリジナルとを比べてみると、より一層楽しめますよ。

Image: YouTube
Source: YouTube(1, 2, 3, 4, 5) via Geekologie
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by