サイクルコンピューターからスマートヘルメットまで。サイクリングの秋を存分に楽しむアイテムまとめ
Image: Amazon

サイクルコンピューターからスマートヘルメットまで。サイクリングの秋を存分に楽しむアイテムまとめ

  • lifehacker
  • Buy

ライフハッカー[日本版]からの転載

11月に入り、徐々に紅葉が見られます。ハイキングやウォーキングをする人も目立ちますが、サイクリングも楽しい季節ですよね。休日には、紅葉を見るために自転車で少し遠出をしてみてもいいでしょう。

そんなときにお供にしたいのが、サイクリングツール。ここでは、ちょっと変わったテールライトからスマートヘルメットなど、定番のサイクルコンピューター以外にもご紹介します。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページでそれぞれご確認ください。

GARMIN(ガーミン)GPSサイクルコンピューター「EDGE 820J 」

GPSに強いGarminが製造・販売するサイクルコンピューター「EDGE 820J」。スマートフォンと連携させることで、地図の表示や取得したデータの解析ができます。また、Group Trackという新機能が追加されており、この機能を使えば仲間の位置をリアルタイムで確認できます。

BIGO 自転車コンピューター サイクルコンピューター

走行距離や走行時間の計測、スピードメーター、バックライトなどさまざまな機能がついているサイクルコンピューター。必要最低限の機能があり、なおかつ値段もお手頃なのがポイント。

Bluetooth スピーカー&マイク搭載 自転車用スマートヘルメット

自転車のヘルメットもここまで進化したのかというプロダクト。ポリカーボネイト製で軽量でありながら、丈夫。ヘルメットにはバッテリガー埋め込んであり、Bluetoothでお手持ちのスマートフォンと連携が可能。つまり音楽を聴けたり、電話もできたりします。

スマート南京錠Orphan

いわゆる一般的な南京錠はダイヤルを覚えたり、鍵を取り出したりするのが手間でした。その点、スマート南京錠はスマートフォンとBluetoothで接続すれば開け閉めが簡単。わざわざ鍵を取り出す必要もありません。冬場の寒い時期にはうれしい機能ですね。

UPSLON 自転車テールライト

さまざまなテールライトが販売されていますが、UPSLONのテールライトは一味違います。自転車を左右に傾けると、テールライトに曲がる方向が矢印で表示されます。後ろについてきている人や自動車が、次の行動を予測できるのでとても安全。自分のためだけではなく、まわりの人たちにとってもうれしいツールです。

電源Cadence &速度自転車メーター arofly

速度、ケイデンス、パワー、距離などの情報をすべて計測できるツール。お手持ちのスマートフォンとBluetoothで接続することによって、リアルタイムで情報を表示させることができます。

Asamoom 11 in 1 自転車工具セット

自転車のメンテナンス用に工具を用意するなら、11種類の工具がひとつになったコンパクトなアイテムがオススメです。手の平サイズで邪魔にならず、ひとつ持っておくと便利なアイテムとなるでしょう。これらのツールを使いながら、秋のサイクリングを充実させてみてはいかがでしょうか。

>>「Amazon 自転車」特集ページへ

Image: Amazon
Source: Amazon(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7

(島津健吾)

あわせて読みたい

powered by