新型iPad Proは、2018年春ごろに登場か。iPhone Xよりも速い8コアの「A11X」プロセッサを搭載?
Image: Wojtek Pietrusiewicz/Twitter

新型iPad Proは、2018年春ごろに登場か。iPhone Xよりも速い8コアの「A11X」プロセッサを搭載?

あのiPhone Xよりも速くなるのか…?

スマートフォン向けプロセッサとして驚愕の性能を見せつけた、iPhone XやiPhone 8/8 Plus採用の「A11 Bionic」。しかし来年には、さらにとんでもないチップが登場するかもしれません。海外経由の最新情報では、2018年モデルの新型「iPad Pro」には8コア仕様の「A11X Bionic(仮称)」プロセッサが搭載されるだろうと報じられているんです!

9to5Macが紹介する、中国のサプライヤー情報を掲載しているサイト MyDriverによると、このA11X BionicプロセッサはTSMCが新規の7nmプロセスにて製造。A11 Bionicプロセッサは10nmプロセスで製造されていたので、チップの規模にもよりますが省電力化などがあり得るかもしれません。さらに、プロセッサには3つのハイパフォーマンスコアと5つの省電力コアを搭載。これは、2つのハイパフォーマンスコアと4つの省電力コアを搭載するA11 Bionicプロセッサからさらなる性能アップが見込めそうです!

そして、新型iPad Proは2018年の第1四半期(1月〜3月)の終わりから第2四半期(4月〜6月)にかけて登場するのだそう。2017年のiPad Proは6月のWWDCで発表されましたから、遅くともこのタイミングで発表されそうです。

iPhoneで新規の「Aプロセッサ」が採用され、続いてリリースされるiPadで「AXプロセッサ」が搭載されるというのは毎年繰り返されてきた、いわばAppleによる定番の手法。それが来年に繰り返されてもおかしくはありません。また新型iPad Proにはトップ画像のように、ベゼルレスディスプレイと顔認証機能「Face ID」が搭載される、なんてもあります。

今やタブレット市場では独走態勢となったiPad Proですが、2018年モデルではさらにライバルとの差を広げることになりそうです。



Image: Twitter
Source: MyDriver via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by