2018年のiPhone、リアカメラのレンズはiPhone Xと同じ仕様に?
Image: Apple

2018年のiPhone、リアカメラのレンズはiPhone Xと同じ仕様に?

現状維持路線か、それとも…

「iPhone X」が発売されてからまだ数日しかたっていないのですが、気の早いことにテック業界には2018年モデルの新型iPhoneに関する噂がちょこちょこ登場しています。今回の情報は、この新型iPhoneがiPhone Xと同じく6枚レンズの背面カメラを搭載するというものです。

今回の情報を報告しているのは、KGI証券のアナリストことミンチー・クオ氏。クオ氏によればiPhone Xのカメラレンズはプラスチック製で、2018年モデルの新型iPhoneでも同じくプラスチック製のレンズが採用されるそうです。プラスチック製のレンズであれだけの高画質を実現していることも驚きですが、まだ画質向上の余地が残されているということなのかもしれません。

またプラスチック製レンズの採用について、クオ氏は「Apple(アップル)はクオリティとフォームファクタ(形状)のバランスを探っており、新型レンズの採用は画質向上にあまり寄与せず、むしろ供給体制を混乱させる」と述べているんです。確かに、iPhone Xの「TrueDepthカメラ」で起きたような生産トラブルはできるだけ避けたいですものね。

これまで2018年モデルのiPhoneについては、「Face ID」のTrueDepthカメラのスペックが変わらないこと、そしてTrueDepthカメラが背面には搭載されないこと、などが伝えられています。これらの情報をまとめると、この新型iPhoneは「アップグレードモデル」のような扱いになりそうです。

もともと、2018年に投入されるはずだったのが気合で今年に発売されたiPhone X。2018年はAppleにとって、一休みの年となるのかもしれません。

Image: Apple
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by