一般人も入れる新本社の「Apple Park Visitor Center」オープンしました
Image: Apple

一般人も入れる新本社の「Apple Park Visitor Center」オープンしました


限定グッズが気になる…。

Apple(アップル)の新本社「Apple Park」の中にある、一般人も立ち寄り可能な「Visitor Center(ビジターセンター)」がオープンしました。

Visitor Centerは階段や石の壁、人造大理石の床など、Apple新本社と同じ特徴が取り入れられています。浮いているように見えるカーボンファイバー製の屋根にはテラスが設置されており、Apple Park全体を見回せるんだとか。あの宇宙船型の本社建物も見えるみたいですね。


20171120gizmodo_applepark_visitorcenter_opening_patio_deck
Image: Apple


もちろん屋内には全てのApple製品が揃っており、さらにここだけで買えるAppleやApple Parkブランドの商品が並んだストアでショッピングが楽しめます。カフェでは軽食が用意され、屋内や屋外の座席で楽しめるとのこと。Apple本社でカフェタイムなんて、なんとも優雅ですね!


20171118npark2
Image: Apple


また気になるのが、AR(拡張現実)による本社キャンパスのビューイング機能。本社キャンパスを模した模型にタブレット端末などをかざすと、まるでそこに実際の建物があるように3Dモデルが表示され、体験できるそうです。

世界最大規模の自然換気システムや太陽発電施設など、先進の設計が取り入れられたApple Park。カリフォルニアを訪れることがあれば、一度は立ち寄ってみたいものです。



Image: Apple
Source: Apple

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by