Apple Watchすごい。高血圧や睡眠時無呼吸症候群まで感知できる
Image: Alex Cranz/Gizmodo

Apple Watchすごい。高血圧や睡眠時無呼吸症候群まで感知できる

スマートウォッチやフィットネス端末は、ユーザーのヘルスデータを集め、健康状態をモニタリングします。って言ってもざっくりとでしょ?なんていう人、考え直す時ですよ。テクノロジってすごいのよ。思っている以上に、いろんなことをしっかり感知してくれるんです。

ヘルス系スタートアップCardiogramとカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)が、アメリカ心臓協会のサイエンスセッションにて発表した最新の研究によれば、一般消費者向けにでているヘルス系端末(Apple WatchやFitbitなど)は、かなり正確にさまざまな症状を感知できるといい、これには高血圧症や睡眠時無呼吸症候群まで含まれるといいます。となれば、これは、自身の健康をモニタリング、本人が無自覚の症状を知らせてくれるツールとして、スマートウォッチなどが十分に活躍できるといういい例となります。

研究では、Cardiogramアプリの利用者から約6000人が、UCSFの行うHealth eHeart研究に参加。参加者のうち2230人は高血圧症、1016人は無呼吸症候群の診断がすでにでている人々。研究チームは、参加者70%のデータをもとにDeepHeartと呼ばれるマシンラーニングアルゴリズムをトレーニング。その後、残りの30%の人たちのデータでアルゴリズムをテストしました。結果、精度90%の確率で無呼吸症候群が、82%の確率で高血圧症の診断に成功しました。

研究の目的の1つは、Apple Watchなどの端末が、健康ツールとしてどこまでできるのかを見極めるというもの。研究レポートをまとめた1人、UCSFのGregory Marcus研究員は「(これらの端末を)をヘルステクノロジとして送り出すだけでは不十分。患者個人に応じたヘルスケアを考えるべく、臨床期間との連携が必要だろう」と語っています。とはいえ、今回の結果について、研究チームはまずまず満足。最終判断は、従来通り医者の診察が必要としながらも、初期検査としてはかなり高い精度を持つと研究をしめています。何も、フィットネス端末が全診断をせずとも、常に自動で健康状態のデータをとることで、危険を察知してユーザーに医療機関受診を促せれば、十分ありがたい話。

CardiogramとUCSFがタッグを組んだのは、今回の実験で2度目。最初の実験でも、不整脈や心房細動など、症状が見えにくいながらも危険な病の感知にApple Watchが役立つという結果がでています。また、スタンフォード大学が行った別の研究でも、ヘルス端末が収集した数時間の心拍データで、アルゴリズムが不整脈を感知できるという結果があります。その 一方で、ヘルス端末を18ヶ月装着してダイエットにトライした人と、端末なしでダイエットを行った人では、後者の方がより体重を減らせたという研究レポートもでています。

CardiogramとUCSFはあくまでも1つの例。今後、研究はさらに続き、ヘルス端末導入によって、利用者の健康状態が実際に向上していくかなどを追っていく必要があります。ユーザーの多くに明らかな変化があれば、Apple Watchは真の健康マシンであるということになり、価値があがり、ますます利用者は拡大していくのでしょうけれど。

Image: Alex Cranz/Gizmodo

そうこ - Gizmodo US[原文

あわせて読みたい

powered by