新たな使い方を開拓! 片手で操作できるApple Watch用スマホリング風アクセサリー「PALM」。
Image: Kickstarter

新たな使い方を開拓! 片手で操作できるApple Watch用スマホリング風アクセサリー「PALM」。

これは、一周回って便利...なのかも?

Apple Watchを懐中時計風にするアクセサリーは一時期話題となりましたが、先日Apple Watchの変わった使い方を開拓する人たちに新たな挑戦状が叩きつけられましたよ! Apple Watchを腕ではなく、手のひらで片手操作するアクセサリー「PALM」がKickstarterで出資を募っています。

PALMは、要はiPhoneなんかで人気のスマホリングのApple Watch版です。ただ、こちらは裏に貼り付けるのではなく、通常のバンドをつけるのと同じ要領でApple Watchのバンド取り付け部分にはめ込むことができます。

20171031-PALM-2
Image: Kickstarter

普段は指輪みたいにApple Watchを中指の甲にセットしておき、画面を見たいときはヒュッと回すだけで手のひらにピタッ。同じ手の親指で画面操作ができて、人差し指でデジタルクラウンを操作できるので、Apple Watchを操作したいときにもう片方の手を使わなくていいのが魅力の一つ。

あ、お気付きの人も多いと思いますが、このアクセサリーはApple Watchの武器でもある高精度心拍センサーを完全に殺すことになる「諸刃のつるぎ」です。つまり、これを付けていると心拍数は測れません。その代わり「小型iPhone」を使っているような片手操作の感覚を味わえるんですけどね。

20171031-PALM-3
Image: Kickstarter

一瞬、「ジョークだよね?」と思ってしまうかもしれませんが、「これはもしかしたら便利...なのかも?」とじわじわ感じさせてくれます。日本への発送には対応していないようですが、今ならKickstarterで15ドル(約1,700円)出資すればPALMが1つ手に入るみたいです。

ちなみに、目標金額は100,000ドル(約1139万円)。キャンペーンページを確認すると、まだまだ目標への道のりは長そうです...。

Image: Kickstarter
Source: Kickstarter

(Doga)