「ゲームパッド」や「トラックボールマウス」でコントロールできるシンセサイザー
Image: Expert Sleepers/YouTube

「ゲームパッド」や「トラックボールマウス」でコントロールできるシンセサイザー

シンセの可能性は∞ 。

オシレーターやフィルターなどのモジュールを組み合わせてオリジナルのシステムを構築できるモジュラーシンセサイザーが、なんとゲームパッドを使ってコントロールできるようになったみたいですよ。

言葉だけではピンとこない話ですが、動画を見るとこれがなかなかドープなサウンドでして。

Video: Expert Sleepers/YouTube

ポーっと出ている音がアナログスティックの動きで変化しているのがおわかりでしょうか? これはExpert Sleepersというメーカーのモジュール「FH-1」がVer.2アップデートで可能になった機能。元々このモジュールはUSBやMIDIデータをアナログシンセの信号であるCV/GATEに変換するものだったんですが、今回のアップデートでUSB HID仕様なデバイスにも対応した次第です。

Video: Expert Sleepers/YouTube

こちらの動画ではUSBハブを介しMIDIキーボードとトラックボールマウスで音に変化を、すなわちマウスでCVを変化させています。普通は他のモジュールやMIDIコントローラーを使ってモジュレーションさせるんですが、まさかマウスでモジュラーをいじれるようになろうとは……。

ということはコントローラーのMIDI CCを各ボタンにアサインしてサンプラー系モジュールに繋げば、『パラッパラッパー』的なチョップを楽しみつつモジュレーションも操作できるかも。ゲーミングモジュラーシステム、こいつぁイエスだね。

そういえば、毎年ベルリンで開催されている電子楽器の見本市Superboothが、来年は規模を拡大して開催されるそうな。Superboothはモジュラーシンセの祭典として高く評価されており、国内でもアナログシンセに次ぐブームとしてモジュラーシンセブームがやって来るかも?



Image: YouTube
YouTube(1, 2
Source: Synthtopia

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by